算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 算数の基礎

4種類のひき算のブロック操作の違い

投稿日:2019年11月14日 更新日:

小学1年生のひき算について指導要領解説に示される4種類について、それぞれのブロック操作の違いを説明します。児童に操作させる際には、問題場面に沿った操作を行わせる必要があります。

9種類のひき算についてはこちらのページをご覧ください↓

ひき算のパターン(8種類)

「求残」のブロック操作

「求残」は、ブロックを取り除く操作になります。右側のブロックを右へ(もしくは下へ)移動させます。残ったブロックの数が答えです。

5-2 でしたら、ブロックを2つ移動させますね。この2は式の右側にあることから、右側の2つのブロックを動かす方が自然です。

「求差」

「求差」は、「ちがい」を求めます。

上のように、ブロックを2段に置いて、ペアを作らせます。ペアを作れなかったブロックの数が答えです。

「順序数を含む減法」

「順序数を含む減法」は、問題の通りに、ブロックを人に見立てて並べてみましょう。

「こどもが5にんならんでいます。わたるくんはまえから2ばんめです。わたるくんのうしろにはなんにんいますか。 」という問題でしたら、

となります。上のように、基準となる人のブロックの色を変えるとわかりやすくなります。あとは、求められている場所のブロックの数を数えれば答えが出せます。

「求小」

「求小」では、大きい方の数量と大小の差がわかっています。まずは、大きい方の数量分のブロックを用意します。そして、大小の差の分だけ残して、ブロックをひっくり返しましょう。ひっくり返したブロックの数が答えです。

「異種のものの数量を含む減法」

「異種のものの数量を含む減法」では、異種の2量が出てくるので、ブロックの色を変えて、2列に並べましょう。

あとは、「求差」と同じようにペアを作り、残ったブロックが答えになります。

 

具体的なブロック操作の基本的なポイントについてはこちら↓↓↓

ブロックを操作させる際の抑えたいポイント



-1年生の算数, 算数の基礎

執筆者:

関連記事

時刻と時間(時計の学習)教えるポイント

時計の学習は、小学1年生から始まり、3年生で終結します。 低学年の児童にとって、かなり難しい単元であり、頭を抱えたことのある保護者の方も多くいるかと思います。 そんな時計の学習について説明します。   …

いくつといくつ ~数の分解~

たし算ひき算の前段階といえる「いくつといくつ(数の分解)」の授業のポイントについて解説していきます。 学習指導要領解説算数編にも「数の合成や分解」という言葉で出てきますが、授業の流れ的には、①分解②合 …

小学校教員が定時で帰るための授業準備の仕方&心掛け

教員の激務が問題になっていますが、働き方は一向に変わる気配はありません。 行政が働き方を変えないのであれば、自分が働き方を変えるしかありません。 私が行っている定時で帰るための仕事術と教員としての心掛 …

比例学習のスパイラル(各学年で教えるべきこと)

算数の山の1つである「比例」の学習は4年生から始まります。どのような系統的学習を経て児童は比例を学ぶのでしょうか。     4年:変わり方 4年生では、「ともなって変わる2つの量の変わり方を調べる」と …

算数の授業における『見通し』のもたせ方

「見通し」という言葉は、平成29年告示の学習指導要領解説算数編では、95回出てきます。 旧指導要領時には、22回しか出ていません。算数の授業において、「見通し」を重視しなくてはならないことが、よくわか …