算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

数楽 算数雑学

21 を言ったら負けゲーム

投稿日:2020年3月3日 更新日:

1から順番に数字を言っていき、21を言った方の負けです。ただし、一度に言える数字は1~3個です。

2人でやる場合の必勝法を教えます。

後手必勝!

まず、21を言わせるためには、17を言わせればいいのです。

相手が17を言えば、自分は18、19、20

相手が17、18を言えば、自分は19、20

相手が17、18、19を言えば、自分は20

を言えば、必ず相手が21を言うことになります。

では、17を言わせるためにはどうすればいいのかというと、上と同じ考えで、

13を言わせればいいのです。この考えを繰り返して、

13を言わせるためには、9を、9を言わせるためには5を、5を言わせるためには1を言わせればいいのです。

このゲームは、きまりを知っていれば、1を言った方、つまり、先手が100%負けるのです。

1年生は20までの数しか習いませんが、21くらいなら数えられるはずです。このゲームなら楽しみながら、何度も数唱しますよ。

応用:アルファベット編

言ったら負けになる数は、21でなくても構いません。アルファベットをたくさん唱えさせたかったら、「Z」を言ったら負け にしましょう。

必勝法は、21の時と同じように、4つ前を言わせればいいのです。

つまり、B、F、J、N、R、V、( Z )のどれかを言った方が負けになるのです。

このゲームを外国語の授業で行えば、子ども達は何度もアルファベットを唱えます。

必勝法の一般化

それでは、少し数学的に必勝法の一般化をしてみましょう。

まず、言ったら負けとなる数を L としましょう(loser)

1人が言うことのできる数の個数を a とします。

Lの1つ前の言ってはいけない数は、L-(a+1) となります。

つまり、言っていけないすべての数は、任意の整数nを用いて、

L-n(a+1) で表されます。

だから何だよ。という声が聞こえてきそうですが…。

ぜひ、子ども相手に無双してみてください!

-数楽, 算数雑学

執筆者:

関連記事

計算が苦手な人に知ってほしい「積み上げわり算」

わり算の筆算で起こりうる間違いは、主に 商の立て間違い です。この商の立て間違いによって、あまりが除数より大きくなってしまったり、何度も何度も書いては消しての繰り返しをしている子が多くいます。 ここで …

長さの普遍単位3種類

世界には長さの普遍単位がいくつか存在します。その普遍単位の種類と特徴について紹介します。 メートル法 普遍単位は普遍なもので定義しなければなりません。地球上で普遍なもの…。それは地球です。地球の北極点 …

図は「書く?」「描く?」「画く?」

国語の学習のようですが、授業中に「あれ?どっちだ?」と思ったことのある人は多いはずです。どれだと思いますか?? 一般的に、「書く」は文字、「描く」は絵 という認識でしょう。 そもそも「図」とは… 図と …

算数に欠かせない『理想化』とは!?

算数の授業をしたことがあっても、『理想化』という言葉を知っている教員は、そう多くはないのではないでしょうか。 しかし、算数の授業は、この『理想化』なしにはなりたちません。このページでは算数における『理 …

九九が織りなす美しい形

正十角形の頂点に0から9までの数字を順に記します。 九九の答えの一の位の数字を、順番に線で結ぶと美しい形が出てきます。     6の段は反時計回りの4の段と同じになります。同じように7の段と3の段、8 …