算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 2年生の算数 3年生の算数

演算記号(+,-,×,÷)の由来

投稿日:2018年12月1日 更新日:

立式をするときに使用する演算記号(+,-,×,÷)の由来について解説をします。ちょっとした雑学として教えてあげるとおもしろいです。

+ の由来

所説①ラテン語説

「3+2」を言葉で言うと「3と2」ですね。 「+」を日本語で表すと「~と」です。ラテン語では「~と」を「et」と表記します。この「et」を速記したとき、文字が崩れて「+」になったと言われています。

ちなみに「&」もこの「et」が由来です。

所説②水樽説

船乗りが樽の中の水の量を管理する際、水面にあたる個所に「-」と書きました。その樽に水を足したとき、新たに書かれた「-」と、それまでに書かれていた「-」と混同しないように一本線を引き「+」にしたと言われています。

- の由来

所説①ラテン語説

「-」はラテン語で「minus」です。この頭文字である「m」を速記したとき、文字が崩れて「-」になったと言われています。

所説②水樽説

「+」の説明で書いた通り、船乗りが樽の中の水の量を管理する際、水面にあたる個所に「-」と書いたものが由来と言われています。

× の由来

所説①筆算説

かけ算の筆算を考えてみてください。かける数をかけていくときにバッテンが真ん中にありますね。(下の図の赤矢印)これが「×」の由来と言われています。

所説②十字架説

「×」という記号を世界で初めて使ったと言われるイギリスのオートレッドさんが、キリストの十字架をななめにして作ったと言われています。しかし、なぜななめにしたのかは不明です。

÷ の由来

所説①分数説

わり算は分数で表すことができますね。

この分数の形が「÷」になったと言われています。

-1年生の算数, 2年生の算数, 3年生の算数
-

執筆者:

関連記事

カレンダーの数字のヒミツ

カレンダーの数字には、様々なヒミツが隠れています。ヒミツの証明まで考えなければ、3年生以上の学年で扱うことができる教材です。 あなたは、いくつのヒミツを見つけることができますか?このページでは9種類の …

分離量と連続量の意味と違いを知っていますか?

量は、分離量と連続量に分けられます。この2つを意識して授業を行わないとと児童の混乱を招きます。 量とは… そもそも量とは何でしょうか。量と数(すう)の違いは? 簡単に言うと、量は数(すう)に単位がつい …

no image

かたちあそび【はくちょう】

  下のページで、べつの問題にチャレンジしよう! 算数を究めるかたちづくり【WEB上でできるタングラムパズル】https://mathematicalpapyrus.com/かたちづくり【web上でで …

4種類のひき算のブロック操作の違い

小学1年生のひき算について指導要領解説に示される4種類について、それぞれのブロック操作の違いを説明します。児童に操作させる際には、問題場面に沿った操作を行わせる必要があります。 9種類のひき算について …

no image

かたちあそび【きつね】

下のページで、べつの問題にチャレンジしよう! 算数を究めるかたちづくり【WEB上でできるタングラムパズル】https://mathematicalpapyrus.com/かたちづくり【web上でできる …