算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 2年生の算数 3年生の算数

演算記号(+,-,×,÷)の由来

投稿日:2018年12月1日 更新日:

立式をするときに使用する演算記号(+,-,×,÷)の由来について解説をします。ちょっとした雑学として教えてあげるとおもしろいです。

+ の由来

所説①ラテン語説

「3+2」を言葉で言うと「3と2」ですね。 「+」を日本語で表すと「~と」です。ラテン語では「~と」を「et」と表記します。この「et」を速記したとき、文字が崩れて「+」になったと言われています。

ちなみに「&」もこの「et」が由来です。

所説②水樽説

船乗りが樽の中の水の量を管理する際、水面にあたる個所に「-」と書きました。その樽に水を足したとき、新たに書かれた「-」と、それまでに書かれていた「-」と混同しないように一本線を引き「+」にしたと言われています。

- の由来

所説①ラテン語説

「-」はラテン語で「minus」です。この頭文字である「m」を速記したとき、文字が崩れて「-」になったと言われています。

所説②水樽説

「+」の説明で書いた通り、船乗りが樽の中の水の量を管理する際、水面にあたる個所に「-」と書いたものが由来と言われています。

× の由来

所説①筆算説

かけ算の筆算を考えてみてください。かける数をかけていくときにバッテンが真ん中にありますね。(下の図の赤矢印)これが「×」の由来と言われています。

所説②十字架説

「×」という記号を世界で初めて使ったと言われるイギリスのオートレッドさんが、キリストの十字架をななめにして作ったと言われています。しかし、なぜななめにしたのかは不明です。

÷ の由来

所説①分数説

わり算は分数で表すことができますね。

この分数の形が「÷」になったと言われています。

-1年生の算数, 2年生の算数, 3年生の算数
-

執筆者:

関連記事

九九が織りなす美しい形

正十角形の頂点に0から9までの数字を順に記します。 九九の答えの一の位の数字を、順番に線で結ぶと美しい形が出てきます。     6の段は反時計回りの4の段と同じになります。同じように7の段と3の段、8 …

no image

小学校で習う8種類のグラフ

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、 数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ 数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ 資料の部分と部分( …

たし算のパターン(6種類)

小学1年生のたし算について考えます。考え方の違いによって、ブロック操作の仕方も変わりますので注意が必要です。平成29年度告示算数科学習指導要領では、「加法が用いられる場面」として「合併」、「増加」、「 …

no image

竹尺(竹の定規)を買わなきゃいけないの!?竹尺を使う3つの理由

2年生の普遍単位の学習では、児童が待ちに待っていた定規を使う学習が始まります。 新年度が始まると、すぐに竹の定規(竹尺)の購入のお知らせがあることでしょう。   そして、多くの保護者が、 「竹尺って買 …

no image

『重さ』導入の授業の展開の仕方と指導のポイント

『長さ』、『広さ(直接比較のみ)』ときて、3年生では『重さ』の授業です。 『長さ』の授業と同様に、比較の方法4段階を経るのが望ましいです。また、目に見えないからおもしろく、目に見えないから難しい『重さ …