算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 2年生の算数 3年生の算数

演算記号(+,-,×,÷)の由来

投稿日:2018年12月1日 更新日:

立式をするときに使用する演算記号(+,-,×,÷)の由来について解説をします。ちょっとした雑学として教えてあげるとおもしろいです。

+ の由来

所説①ラテン語説

「3+2」を言葉で言うと「3と2」ですね。 「+」を日本語で表すと「~と」です。ラテン語では「~と」を「et」と表記します。この「et」を速記したとき、文字が崩れて「+」になったと言われています。

ちなみに「&」もこの「et」が由来です。

所説②水樽説

船乗りが樽の中の水の量を管理する際、水面にあたる個所に「-」と書きました。その樽に水を足したとき、新たに書かれた「-」と、それまでに書かれていた「-」と混同しないように一本線を引き「+」にしたと言われています。

- の由来

所説①ラテン語説

「-」はラテン語で「minus」です。この頭文字である「m」を速記したとき、文字が崩れて「-」になったと言われています。

所説②水樽説

「+」の説明で書いた通り、船乗りが樽の中の水の量を管理する際、水面にあたる個所に「-」と書いたものが由来と言われています。

× の由来

所説①筆算説

かけ算の筆算を考えてみてください。かける数をかけていくときにバッテンが真ん中にありますね。(下の図の赤矢印)これが「×」の由来と言われています。

所説②十字架説

「×」という記号を世界で初めて使ったと言われるイギリスのオートレッドさんが、キリストの十字架をななめにして作ったと言われています。しかし、なぜななめにしたのかは不明です。

÷ の由来

所説①分数説

わり算は分数で表すことができますね。

この分数の形が「÷」になったと言われています。

-1年生の算数, 2年生の算数, 3年生の算数
-

執筆者:

関連記事

時計の学習のアクセントに!アナログ時計とデジタル時計のメリット&デメリット

算数で多くの児童を悩ませる学習の一つが時計です。「時刻はよめても時間がわからない」という児童も多く、最後には「生活経験が足らないから仕方ないね。」「大人になったら読めるようになるから。」と諦めてしまう …

2年生:立体図形の学習 授業のポイント

1年生の立体図形の学習では、「はこのようなかたち」や「筒のような形」などのように、形を全体的に見て、「転がる形」や「積める形」といったように機能面に着目をしました。   算数を究める1年生: …

繰り上がりのあるたし算の教え方

1年生の算数の第一関門、繰り上がりのあるたし算について考えていきます。 足す数を分解するやり方(加数分解) まず、一番多くの教科書で最初に扱われている「9+3」について考えていきます。 (令和2年度か …

□を使った式の落とし穴(□の使い分け)

□は、数をかく場所としての記号として用いる場合と、未知の数量を表す記号として用いる場合、変量を表す記号として用いる場合の3つの使い方があります。 ここでは、□が用いられる場面や児童のつまづきやすいポイ …

no image

1年生:任意単位による長さの比較 授業のポイント

1年生の長さの授業も、直接比較→間接比較と学習が進み、いよいよ最後の任意単位を使った長さの比較に入ります。 (定規を使う普遍単位の比較は2年生) 算数を究める1年生:長さの直接比較 授業のポイントht …