算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 算数の基礎

小1担任ならフォントに気をつかうべし!

投稿日:2020年3月25日 更新日:

小学校1年生では、これからの学習の基礎となる基本的なことを学習します。

その中でも、最も基礎となる学習が「文字」の学習です。

特に、「数字」は、フォントによって形が大きく異なります。

下の数字を見てください。

教科書の文字は、「UDデジタル教科書体」という一般的に小学校の算数で使われているフォントです。

一般的に使われる文字と比較すると、

明朝体

ゴシック体

このように、形が違うのがわかりますね。

フォントの違いによって見え方が変わり、テストの点数にも違いがでるという研究もあるようです。

授業で使うプリントを自作する場合には、教科書と同じフォントである「UDデジタル教科書体」を使うことが望ましいです。

しかし、このフォントが、学校のパソコンにすら、入っていないことが多くあります。

フォントの違いが、児童の学習の妨げになってしまわないように、小学校1年生の担任であれば、そこまで気を配る必要があるのです。

-1年生の算数, 算数の基礎

執筆者:


  1. […] 算数を究める2020.03.25小1担任ならフォントに気をつかうべし!https://mathema… […]

関連記事

繰り上がりのあるたし算の教え方

1年生の算数の第一関門、繰り上がりのあるたし算について考えていきます。 足す数を分解するやり方(加数分解) まず、一番多くの教科書で最初に扱われている「9+3」について考えていきます。 (令和2年度か …

単位の種類と仕組み(mを基準に!c,k,d??)

算数で最も欠かせないものは「量」である。といっても過言ではありません。 量について及び普遍単位についてはこちらのページを参照してください! 数と量って違うの? 普遍単位による長さの比較 ここで扱う「単 …

no image

いくつといくつ ~数の分解~

たし算ひき算の前段階といえる「いくつといくつ(数の分解)」の授業のポイントについて解説していきます。 学習指導要領解説算数編にも「数の合成や分解」という言葉で出てきますが、授業の流れ的には、①分解②合 …

□を使った式の落とし穴(□の使い分け)

□は、数をかく場所としての記号として用いる場合と、未知の数量を表す記号として用いる場合、変量を表す記号として用いる場合の3つの使い方があります。 ここでは、□が用いられる場面や児童のつまづきやすいポイ …

no image

図は「書く?」「描く?」「画く?」

国語の学習のようですが、授業中に「あれ?どっちだ?」と思ったことのある人は多いはずです。どれだと思いますか?? 一般的に、「書く」は文字、「描く」は絵 という認識でしょう。 そもそも「図」とは… 図と …