算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 算数の基礎

小1担任ならフォントに気をつかうべし!

投稿日:2020年3月25日 更新日:

小学校1年生では、これからの学習の基礎となる基本的なことを学習します。

その中でも、最も基礎となる学習が「文字」の学習です。

特に、「数字」は、フォントによって形が大きく異なります。

下の数字を見てください。

教科書の文字は、「UDデジタル教科書体」という一般的に小学校の算数で使われているフォントです。

一般的に使われる文字と比較すると、

明朝体

ゴシック体

このように、形が違うのがわかりますね。

フォントの違いによって見え方が変わり、テストの点数にも違いがでるという研究もあるようです。

授業で使うプリントを自作する場合には、教科書と同じフォントである「UDデジタル教科書体」を使うことが望ましいです。

しかし、このフォントが、学校のパソコンにすら、入っていないことが多くあります。

フォントの違いが、児童の学習の妨げになってしまわないように、小学校1年生の担任であれば、そこまで気を配る必要があるのです。

-1年生の算数, 算数の基礎

執筆者:


  1. […] 算数を究める2020.03.25小1担任ならフォントに気をつかうべし!https://mathema… […]

関連記事

繰り上がりのあるたし算の教え方

1年生の算数の第一関門、繰り上がりのあるたし算について考えていきます。 足す数を分解するやり方(加数分解) まず、一番多くの教科書で最初に扱われている「9+3」について考えていきます。 (令和2年度か …

1年生:立体図形の学習 授業のポイント

小学校最初の図形の学習は、平面図形ではなく、立体図形です。 これは、立体図形の方が具体性があり、立体図形の構成要素として平面図形があるからでしょう。 それでは、小学校最初の図形領域の学習である「立体的 …

ひき算のパターン(9種類)

小学1年生のひき算について考えます。平成29年度告示算数科学習指導要領解説には「求残」、「求差」、「順序数を含む減法」、「求小」、「異種のものの数量を含む減法」の5種類が、減法が用いられる場合として記 …

質問と発問の違い

授業(特に指導案)では「発問」という言葉が頻出します。日常生活では「発問」という言葉はあまり使わず馴染みがなく、「質問」という言葉の方がよく聞くのではないでしょうか。ここでは「質問」と「発問」の違いに …

演算記号(+,-,×,÷)の由来

立式をするときに使用する演算記号(+,-,×,÷)の由来について解説をします。ちょっとした雑学として教えてあげるとおもしろいです。 + の由来 所説①ラテン語説 「3+2」を言葉で言うと「3と2」です …