算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 単発授業 算数の基礎

幼児はどのように数をかぞえるのか? 数の数え方6種類

投稿日:2020年7月19日 更新日:

物の数をかぞえるという行為は、算数において、最も基礎的な学習といっても過言ではありません。

幼児から小学1年生の児童は、どのように物の数をかぞえるのか、親として授業者として抑えるべきポイントを解説します。

それでは早速、下のりんごの数をかぞえてみましょう。

あなたなら、あなたのお子様なら、あなたのクラスの子なら、どのように数えますか?

数え方① 1つずつ かぞえる

最も単純で、最も簡単な数え方は、1つずつかぞえることです。1つずつかぞえるといっても、様々な数え方があります。

バラバラにかぞえる

これでは、どのリンゴをかぞえたのか、わからなくなってしまいます。端から順番にかぞえることを教えましょう。

縦にかぞえる

これは、面積の考え方に近い かぞえかたです。

横にかぞえる

文章を左から右に読んでいくので、数をかぞえるときも、左から右へかぞえていくことが自然です。

3~4歳の子は、このように数えることが一般的でしょう。

 

数え方② かぞえたし

5のまとまりに注目して、1から5までかぞえることを省略します。そして、「6・7・8・9」と、途中からかぞえます。

1から10までかぞえることができる子でも、「2から」「5から」など、途中からかぞえることは、難しいです。ぜひ、練習させてみましょう。

数え方③ まとまりで かぞえる

「に・し・ろ・や」と かぞえていき、最後に1をたします。かなり面積の考え方に近いですね。

 

数え方④ かぞえひき

「10のまとまりから、10・9」とかぞえるやり方です。10から1まで逆にかぞえられることが条件です。

 

このように、「物の数をかぞえる」というだけでも、様々な方法があります。子がどのようにかぞえているのかによって、物をどのように捉えているのかが見えてきます。

「1つずつかぞえる」よりも「かぞえたし」の方がレベルが上です。しかし、「□歳までに、このかぞえ方ができていないとダメ」ということはありません。

子の理解度・発達段階に応じて、「こんなかぞえ方もあるんだよ。」と教えてあげましょう。

かぞえながら「面倒くさい」という声が聞こえたら、次のレベルへ移行するチャンスです!

-1年生の算数, 単発授業, 算数の基礎

執筆者:

関連記事

no image

数という概念の獲得(幼児期)

数というものは、目に見ることはできません。 では、我々は、どのようにして数と出会い、数を理解していくのでしょうか。 数と量は違う 学習指導要領解説には「数量」という言葉が多く出てきます。「数量」は「数 …

no image

三角定規2枚で作ることのできる角度

2種類の三角定規を1枚ずつ使って、どのような角度が作れるでしょうか。 角をそのまま使って まず、30度、45度、60度、90度、180度は、下のように、すでにありますね。 それでは、三角定規を組み合わ …

no image

「数」というものをどのように教えるのか

大人にとっては、当たり前すぎて意識をしないほど、「数」というものは、日常生活のありとあらゆる場面で出てきます。 しかし、生まれてすぐに「数」というものの存在をしっている人はいません。 それでは、「数」 …

長さの普遍単位3種類

世界には長さの普遍単位がいくつか存在します。その普遍単位の種類と特徴について紹介します。 メートル法 普遍単位は普遍なもので定義しなければなりません。地球上で普遍なもの…。それは地球です。地球の北極点 …

no image

竹尺(竹の定規)を買わなきゃいけないの!?竹尺を使う3つの理由

2年生の普遍単位の学習では、児童が待ちに待っていた定規を使う学習が始まります。 新年度が始まると、すぐに竹の定規(竹尺)の購入のお知らせがあることでしょう。   そして、多くの保護者が、 「竹尺って買 …