算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 算数の基礎

1年生:立体図形の学習 授業のポイント

投稿日:2020年4月20日 更新日:

小学校最初の図形の学習は、平面図形ではなく、立体図形です。

これは、立体図形の方が具体性があり、立体図形の構成要素として平面図形があるからでしょう。

それでは、小学校最初の図形領域の学習である「立体的な図形」の授業を行う際のポイントについて解説していきます。

立体的な物を作ろう

導入では、お菓子の空箱やラップの芯、ピンポン玉などを使って、タワーや動物などの立体的な物を作ります。

用意したい立体図形は、角柱、円柱、球の3種類です。

角柱を用意するのはそんなに大変ではないでしょう。

円柱は、チップスターやプリングルスなどのチップス系の箱に多くあります。

球は発泡スチロールでできたものが百均やネットで売っています。

また、角柱として、コアラのマーチがオススメです。

材料は子どもたちにも持ってきてもらいたいですね。1週間ほど前から準備をして、

1人あたり、角柱、円柱、球をそれぞれ4つずつあると学習しやすいです。

セロテープは使わせない

作り始める前に、「のりやセロテープは使わない」ということを約束しておきましょう。

この学習で児童は、立体的な図形について、転がるか転がらないか(積めるか積めないか)を考えます。セロテープを使ってしまうと強引に球の上に球を乗せる子も出てきます。

(テープ等を使って)乗せられる=積める ではないことも授業の最後には確認しましょう。

 

作って終わりは図工

立体的なものを作って、

「カッコイイのができたね!」、「大きく作れたね!」、「ここの色遣いがいいね!」と言ったのでは算数ではなく、図工になってしまいます。

それでは、算数の学習にするためには、どのような声掛けが必要なのでしょうか。下のような形を児童が作ったとしましょう。

なぜ、その形をそこに使ったのか?

上のきりんを作った児童は、特に意識をしないで、円柱を立てて足に使っています。そのため、「工夫したところはどこ?」と尋ねても、「首が長い」とか「つのがある」とか算数の学習には繋がりません。

例えば、下のような形を見せて、「先生のキリンはすぐに転んじゃうんだけど、どうしてだろう?」と尋ねてみてはどうでしょうか。(もしくは悩んでいる友達がいたらベスト!)

きっと児童は「これだと足がコロコロしちゃうよ。」「平らなところを下にすればいいんだよ」などと、円柱を図形として着目し、アドバイスを始めるでしょう。

また、下のようなキリンを見せて「首がグラグラしちゃうんだけど…。」と相談したらどうでしょうか。

球(ボール)は転がるから積むことができない。円柱(筒のような形)は向きを変えれば積むことができる。(もしくは転がる)というポイントに気づかせることができます。

多くの児童が、球を足に使うようなことはしないでしょう。なぜしないのか。どのような形なら足にふさわしいのかをしっかりと抑えましょう。

また、車を作った子がいたら、タイヤは球や円柱を使うはずです。どうして、球や円柱を使ったのか、直方体ではどうしてダメなのかを考えさせたいですね。

立体図形の仲間わけ

上記のように授業を展開すると、

「足にふさわしい形」や「足にふさわしくない形」、または、「タイヤにふさわしい形」や「タイヤにふさわしくない形」があることがわかってきます。

そこで、どのような形が足にふさわしく、そうではないのかを仲間わけしていきましょう。

足にふさわしい形=積める形

タイヤにふさわしい形=転がる形

ここで、ぜひコアラのマーチの箱(六角柱)は転がる形なのかを考えさせてみてください。

六角柱は転がる形?

おそらく、半分近くの児童が「(六角柱は)転がる」と考えるはずです。児童にとって身近な六角柱である鉛筆は転がりますからね。

では、転がらないと考えた子はどのように見たのでしょうか。おそらく、「平らなところしかない」とか「丸くない」とか「カクカクしている」と図形として六角柱を捉えているのでしょう。

ここで、六角柱は、「転がらない形です!」と言い切ってもいいのですが、「転がりにくい形」と濁してもいいでしょう。

プラスα:どうして積めるの?どうして転がるの?

積めるのか、転がるのかを判断するとき、児童はどこに着目しているのでしょうか。その着目しているポイントを意識させましょう。

転がる形は、どこかに円(まる)がありますね。

積める形は、どこかに四角がありますね。(円柱は真横から見れば四角)

おそらく児童は簡単に仲間わけをするでしょう。しかし、「どうして?」と問われれば困ってしまう子がほとんどです。

この見方ができれば、六角柱は転がらない形であることもわかります。

図形を多角的に見られるように、発問をしていきましょう。

どっちの仲間にも入る円柱

さて、円柱は、「積むことができる形」の仲間でもあるし、「転がる形」の仲間でもあります。

そこでさらに下のように仲間に分けていきましょう。

「はこのような形」ではなく、「しかくばっかりの形」などのような違った言い方でも構いません。

少しずつ児童が立体図形の面(構成要素)に着目してきていますね。

立体図形の面を使って絵をかこう

さらに児童が面に着目できるように、面を写し取って絵を描く活動が設定されています。

この学習には、四角や三角を使って身の回りにあるものの絵を描くことで、身の回りの物を四角や三角(図形)として捉えるという大事な意味があります。その中で、ぜひ扱ってほしいのが直方体です。

全ての面を1回ずつ使おう

例えば、直方体を使って、「全ての面を1回ずつ使って絵を描こう」とルールを決めたらどうなるでしょうか。

1年生では、「直方体(箱の形)には、全部で6つの面があります」といった学習はしません。しかし、その学習の素地は培うことができます。

もしかしたら、同じ形が2組ずつあることに気づく子もいるかもしれません。

立方体を使ったこの中には、すべての面の形が同じであることに気づく子もでてくるでしょう。

決して、「上手に色が塗れたね。」などとは言ってはいけません。

 

1年生の学習は、基礎中の基礎であり、児童もすんなりできてしまうことが多くあります。だからこそ、「この学習で何を身につけさせるのか」を授業者が考えないと、「ただ活動して終わり」となってしまいます。

「今日の授業では児童に何を身につけさせるのか」、「今日学んだことが、今後どのようにいかされるのか」を把握して授業に臨めるといいですね。

-1年生の算数, 算数の基礎

執筆者:


  1. […] 算数を究める1年生:立体図形の学習 授業のポイントhttps://mathematicalpapyrus… […]

関連記事

ひき算を学ぶ順番と扱う数値の理由

小学1年生におけるひき算の学習は、どのような段階を経るのか、また、教科書に出てくる問題の数値はどのように決められているのか解説します。 ひき算①:繰り下がりのないひき算 一番はじめに習うひき算は繰り下 …

かたちづくり【WEB上でできるタングラムパズル】

1年生で学習する「かたちづくり」をweb上で、できるようにしました。他学年でも、隙間時間にご活用ください。(タブレットやスマホなどのタッチパネルの方が操作しやすいです。) 画像をクリックすると、問題に …

繰り上がりのあるたし算の教え方

1年生の算数の第一関門、繰り上がりのあるたし算について考えていきます。 足す数を分解するやり方(加数分解) まず、一番多くの教科書で最初に扱われている「9+3」について考えていきます。 (令和2年度か …

0のひき算を教えるときは求残?求差?

「求残」で教える 6社あるうちの5社が、「のこり」を考える求残でした。求残はブロック操作がしやすく簡単なものになります。「3-3」を例に考えてみましょう。 りんごが3こあります。3こ食べると のこりは …

no image

かたちあそび【うさぎ】

下のページで、別の問題にチャレンジしよう! 算数を究めるかたちづくり【WEB上でできるタングラムパズル】https://mathematicalpapyrus.com/かたちづくり【web上でできるタ …