算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 算数の基礎

家庭でできる『数の分解』の定着

投稿日:2021年4月28日 更新日:

小学1年生の算数の第一の壁『くりあがりのたし算』をクリアするためには、

①10まであといくつ

②数を2つに分ける

という2つの力が不可欠になります。

このページでは、数を2つに分ける(数の分解)を家庭で楽しく学ぶための手立てを紹介します。少しずつレベルが上がるように説明しますので、上から行うことをオススメします。(5の分解を例にあげますが、6や9など他の数でも同様に行ってください。)

おはじき分け

おはじきでなくても、アメやトランプ、ティッシュを丸めたものでも構いません。

5このおはじきを、「○と○○○○」「○○と○○○」のように左右に分けて置かせます。このときに「1と4」のように唱えさせながら操作をさせましょう。

おはじきかくし

おはじきを5こ置き、その内のいくつかを親が手で隠します。子は見えているおはじきの数をヒントに隠されているおはじきの数を当てます。

子は、今まであったおはじきを想像して数を言います。そのため、はじめは一列に並んだおはじきで行い、慣れてきたらバラバラに置いたおはじきで行った方がいいです。

指の数

親が指で2や3などを出します。それをもとに子は、あといくつで5になるのか を答えます。5や10の分解の場合は折れている指の数を数えればよいので簡単になります。

 

リズム手拍子

親が3回手を叩いたら、子はその後に2回手を叩きます。はじめは、「(親)1、2、3はい」「(子)1、2」と声に出してもいいです。おはじきや指を使った数の分解よりもスピードが求められます。段々と速くしていってもいいですね。

 

数字の提示

カードや紙に数字を書き、子に見せます。子はあといくつで5になるのかを答えます。はじめは指を使うかもしれませんが、少しずつ使わなくなります。あえて「指を使わないで。」と言う必要はありません。慣れてくれば指を使うことが面倒になり、自然と使わなくなるものです。

授業では、回数をこなすためにパワーポイントで提示をしています。この段階が素早くできるようになれば、数の分解は合格です。

10秒以内に何枚、10枚を何秒以内 のように目標を持たせて取り組ませてもいいですね。

数唱

さらに上のレベルをめざすのであれば、数字を見せずに、唱えさせましょう。

親が「2」と言ったら、子は「3」と答えます。これが素早くできれば、『くりあがりのたし算の暗算』も可能になってきます。

 

このように1つずつ段階を経て、ゲーム感覚で楽しく学習できるようにしていきましょう。

 

 

-1年生の算数, 算数の基礎

執筆者:

関連記事

算数に欠かせない『理想化』とは!?

算数の授業をしたことがあっても、『理想化』という言葉を知っている教員は、そう多くはないのではないでしょうか。 しかし、算数の授業は、この『理想化』なしにはなりたちません。このページでは算数における『理 …

単位の種類と仕組み(mを基準に!c,k,d??)

算数で最も欠かせないものは「量」である。といっても過言ではありません。 量について及び普遍単位についてはこちらのページを参照してください! 数と量って違うの? 普遍単位による長さの比較 ここで扱う「単 …

数字の書き方

小学校1年生で習う数字ですが、小学校入学前に、数字を書ける子が多くいる一方で、間違えた書き方(間違いとは言えないまでも正しくない書き方)で覚えてしまっている子も多くいます。 もちろん、該当の数として認 …

繰り上がりのあるたし算の教え方

1年生の算数の第一関門、繰り上がりのあるたし算について考えていきます。 足す数を分解するやり方(加数分解) まず、一番多くの教科書で最初に扱われている「9+3」について考えていきます。 (令和2年度か …

図は「書く?」「描く?」「画く?」

国語の学習のようですが、授業中に「あれ?どっちだ?」と思ったことのある人は多いはずです。どれだと思いますか?? 一般的に、「書く」は文字、「描く」は絵 という認識でしょう。 そもそも「図」とは… 図と …