算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 算数の基礎

家庭でできる『数の分解』の定着

投稿日:2021年4月28日 更新日:

小学1年生の算数の第一の壁『くりあがりのたし算』をクリアするためには、

①10まであといくつ

②数を2つに分ける

という2つの力が不可欠になります。

このページでは、数を2つに分ける(数の分解)を家庭で楽しく学ぶための手立てを紹介します。少しずつレベルが上がるように説明しますので、上から行うことをオススメします。(5の分解を例にあげますが、6や9など他の数でも同様に行ってください。)

おはじき分け

おはじきでなくても、アメやトランプ、ティッシュを丸めたものでも構いません。

5このおはじきを、「○と○○○○」「○○と○○○」のように左右に分けて置かせます。このときに「1と4」のように唱えさせながら操作をさせましょう。

おはじきかくし

おはじきを5こ置き、その内のいくつかを親が手で隠します。子は見えているおはじきの数をヒントに隠されているおはじきの数を当てます。

子は、今まであったおはじきを想像して数を言います。そのため、はじめは一列に並んだおはじきで行い、慣れてきたらバラバラに置いたおはじきで行った方がいいです。

指の数

親が指で2や3などを出します。それをもとに子は、あといくつで5になるのか を答えます。5や10の分解の場合は折れている指の数を数えればよいので簡単になります。

 

リズム手拍子

親が3回手を叩いたら、子はその後に2回手を叩きます。はじめは、「(親)1、2、3はい」「(子)1、2」と声に出してもいいです。おはじきや指を使った数の分解よりもスピードが求められます。段々と速くしていってもいいですね。

 

数字の提示

カードや紙に数字を書き、子に見せます。子はあといくつで5になるのかを答えます。はじめは指を使うかもしれませんが、少しずつ使わなくなります。あえて「指を使わないで。」と言う必要はありません。慣れてくれば指を使うことが面倒になり、自然と使わなくなるものです。

授業では、回数をこなすためにパワーポイントで提示をしています。この段階が素早くできるようになれば、数の分解は合格です。

10秒以内に何枚、10枚を何秒以内 のように目標を持たせて取り組ませてもいいですね。

数唱

さらに上のレベルをめざすのであれば、数字を見せずに、唱えさせましょう。

親が「2」と言ったら、子は「3」と答えます。これが素早くできれば、『くりあがりのたし算の暗算』も可能になってきます。

 

このように1つずつ段階を経て、ゲーム感覚で楽しく学習できるようにしていきましょう。

 

 

-1年生の算数, 算数の基礎

執筆者:

関連記事

時刻と時間(時計の学習)教えるポイント

時計の学習は、小学1年生から始まり、3年生で終結します。 低学年の児童にとって、かなり難しい単元であり、頭を抱えたことのある保護者の方も多くいるかと思います。 そんな時計の学習について説明します。   …

ひき算のパターン(9種類)

小学1年生のひき算について考えます。平成29年度告示算数科学習指導要領解説には「求残」、「求差」、「順序数を含む減法」、「求小」、「異種のものの数量を含む減法」の5種類が、減法が用いられる場合として記 …

no image

混み具合「単位量あたり」を指導する際のポイント

5年生の学習の中で、最も難しい単元と言っても過言ではないのが「単位量あたり」です。ここでは、「単位量あたり」の授業をする上で大切となるポイントを説明します。 問題 下の3つの部屋の中で、一番混んでいる …

no image

算数の授業における『見通し』のもたせ方

「見通し」という言葉は、平成29年告示の学習指導要領解説算数編では、95回出てきます。 旧指導要領時には、22回しか出ていません。算数の授業において、「見通し」を重視しなくてはならないことが、よくわか …

no image

「数学的な見方・考え方」をどこよりも詳しく解説します!

「数学的な味方・考え方」について、どこよりも噛み砕いて、わかりやすく解説します! ずばり!「数学的な見方・考え方」とは、 身の回りにある出来事や日常で起きる出来事などを、数や量、形などの視点で見つめて …