算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 算数の基礎

「数」というものをどのように教えるのか

投稿日:2020年4月15日 更新日:

大人にとっては、当たり前すぎて意識をしないほど、「数」というものは、日常生活のありとあらゆる場面で出てきます。

しかし、生まれてすぐに「数」というものの存在をしっている人はいません。

それでは、「数」というものを知らいない人(子)にどのように「数」を教えればよいのでしょうか。

①数唱

「1,2,3,4,…」と数を1ずつ数えることを「数唱」といいます。

よくお風呂から出るときに、肩まで浸かって10まで数えたりしますね。

このとき、子どもは自分が唱えているものが「数」であるという認識はありません。

実際に、私の息子が3歳のときに、1から10まで数えられるようになり、両手の指の数をかぞえさせたら、

上のように、両手で指が5本になってしまいました。

数唱の「いち」と数としての「1」が対応していないんですね。

②一対一対応

数を唱えることができるようになったら、「数(数唱)」と「物」を対応させます。

先ほどの、指の数のように、2本の指に「い~ち」ではいけません。

1本の指に1つの数詞を対応させます。

このときに唱えている数を「順序数」といいます。

上で唱えた数は「順序数」ですので、「ご」は「ご本目の指」を表していて、「片手の指の数が「全部でご本」と、全体の数のことを言っているのではありません。

「最後の数が、全体の個数を表すんだ。」ということを理解させる必要があります。

子が、指の数を10まで数えた後に、「指の数は全部で何本?」と聞くと「ろく」とか「ご」と答えられてがっくりした経験がある保護者の方は少なくないでしょう。

-1年生の算数, 算数の基礎

執筆者:

関連記事

算数の文章題は、7つのポイントで楽勝!

先に言ってしまうと、文章題を解くための7つのポイントは、 文章の量は、ヒントの量だ! 問題にツッコミをいれろ! 問題を先読みしろ! 聞かれていることを把握しろ! とりあえず絵を描け! 問題を作っている …

小1~小6対応 思考力を鍛える問題:形の仲間分け

どの学年でも行うことのできる図形に関する授業です。隙間時間でも行えます。 問題 下の12個の図形を仲間に分けましょう。 上の図形はすべて私がwordで作成したものです。元の画像には色がついています。 …

0のたし算ひき算を教えるポイント

大人にとっては簡単で、当たり前だと思われる0のたし算ひき算ですが、意外と躓きポイントは多くあります。児童の躓きを事前に知り、指導に役立ててください。 2+0=20? 2+0=20な訳ないじゃないか!と …

小1担任ならフォントに気をつかうべし!

小学校1年生では、これからの学習の基礎となる基本的なことを学習します。 その中でも、最も基礎となる学習が「文字」の学習です。 特に、「数字」は、フォントによって形が大きく異なります。 下の数字を見てく …

no image

「数学的な見方・考え方」をどこよりも詳しく解説します!

「数学的な味方・考え方」について、どこよりも噛み砕いて、わかりやすく解説します! ずばり!「数学的な見方・考え方」とは、 身の回りにある出来事や日常で起きる出来事などを、数や量、形などの視点で見つめて …