算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

2年生の算数

普遍単位による長さの比較を教えるポイント

投稿日:2018年9月30日 更新日:

1年生では、任意単位による比較を行いました。2年生では普遍単位を用います。

任意単位の限界

任意単位による比較で長さを「いくつ分」で表すことが可能になりました。下のように机の縦の長さを任意単位による比較で考えてみましょう。

机の左側は鉛筆3本分、右側は鉛筆2本分でした。机の左側の方が長いのでしょうか。もちろん、そんなはずはありません。任意単位による比較は長さを共有することにおいて不具合が生じます。

  1. 机の縦の長さを任意単位で比較する
  2. のぞみさんの机は鉛筆3本分、わたるくんの机は鉛筆2本分
  3. のぞみさんの机の方が縦が長い
  4. それはおかしいぞ!

上のような授業の導入を行うことで、不具合を児童に感じさせ、任意単位の限界と普遍単位の必要性に気付かせることが大切です。

普遍単位の必要性

日本では普遍単位として、「メートル法」が使われています。普遍単位を用いることで全世界の人たちが同じ長さの基準を手に入れ、あらゆる長さの比較が可能となりました。

-2年生の算数
-

執筆者:


  1. […] 長さは身長や距離など非常に身近にある量です。量の学習は長さも面積も体積(容積)も「直接比較」、「間接比較」、「任意単位による比較」、「普遍単位による比較」の4つの段階を経ます。 […]

  2. […] 面積とは広さを数値化したものです。ここで、長さの学習を思い出してみましょう。長さを数値化するために「メートル」という単位を作りました。同じように面積を数値化するために「平方メートル」という単位を作ったのです。 […]

  3. […] 普遍単位による長さの比較 […]

  4. […] 長さは身長や距離など非常に身近にある量です。量の学習は長さも面積も体積(容積)も「直接比較」、「間接比較」、「任意単位による比較」、「普遍単位による比較」の4つの段階を経ます。 […]

  5. […] 算数を究める普遍単位による長さの比較を教えるポイントhttps://mathematicalpa… 算数を究める長さを比べるためには4段階を経る!https://mathematicalpapyrus.com/%e9%95%b7%e3%81%951年生では、長さや面積や体積という量の意味や測るということの意味を理解する上での基礎となる経験をさせます。定規やはかりは使いませんが、その素地となる活動として様々な具体物をたくさん触らせてください。長さは身長や距離など非常に身近にある量です。量の学… […]

関連記事

no image

算数の文章題は、7つのポイントで楽勝!

先に言ってしまうと、文章題を解くための7つのポイントは、 文章の量は、ヒントの量だ! 問題にツッコミをいれろ! 問題を先読みしろ! 聞かれていることを把握しろ! とりあえず絵を描け! 問題を作っている …

かけ算を習う順

かけ算九九を習う順番について考えていきたいと思います。習う順にもちゃんと理由がありますので、小学校で習う前に九九を覚えさせたい場合には注意が必要です。 ① 5の段 最初は5の段です。1年生の時から5の …

no image

割り切れる数を探そう!

割り切れる数の見つけ方を知ることで、わり算や約分が格段に楽になります!知っていないと損する割り切れる数の見つけ方を紹介します。

no image

小学校で習う8種類のグラフ

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、 数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ 数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ 資料の部分と部分( …

no image

竹尺(竹の定規)を買わなきゃいけないの!?竹尺を使う3つの理由

2年生の普遍単位の学習では、児童が待ちに待っていた定規を使う学習が始まります。 新年度が始まると、すぐに竹の定規(竹尺)の購入のお知らせがあることでしょう。   そして、多くの保護者が、 「竹尺って買 …