算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

2年生の算数 3年生の算数 4年生の算数 5年生の算数 6年生の算数 単発授業

正方形はいくつある??

投稿日:2019年8月22日 更新日:

正方形は何かを学ぶ2年生から高校生まで、幅広く行える授業です。子供の実態に応じて、または何を身につけさせたいのかに応じて、解法例を取り上げ、思考を深めてみてください。

問題

下の図の中に正方形はいくつありますか?(1マスは方眼です)

解法①コツコツ数える

一番単純、かつ一番確実な方法です。下のように表にあらわすとより明確になります。

 

解法②式で表す

解法①ありきかもしれませんが、規則性を見つけて式に表してみましょう。式に表すことにより、一般化が図れるようになります。

小学校段階では、(1×1)+(2×2)+… と表せばいいでしょう。小学校高学年であればここまで深めたいですね。

 

発展問題

上の問題では、縦4列、横4行(4×4)の方眼でできた正方形について考えました。

では、10×10の方眼でできた正方形ではどうなるのでしょうか?

もっと飛躍して、1万×1万では?

数が大きくなると必然と数えるやり方は不可能になります。つまり、一般化が不可欠となります。

「n×nの方眼でできた正方形の中に、正方形はいくつありますか?」

 

解法

初めの問題の解法②を見ると一般化は簡単でしょう。

となりますね。小学校段階では、上の等式の右辺の理解までは至らないので、10×10くらいまでが限界かもしれません。それでも、解法①のように数えるよりも、一般化した方が効率的であることは感じられると思います。

 

このページでは正方形の数について考えました。別のページでは、

長方形はいくつある??

という授業についても説明しています。正方形よりも格段にレベルが上がりますよ。

 

-2年生の算数, 3年生の算数, 4年生の算数, 5年生の算数, 6年生の算数, 単発授業

執筆者:

関連記事

わり算(除法)の種類 包含除と等分除

わり算には「包含除」と「等分除」があります。この区別をしっかりと教えなくてはなりません。しかし、なんとなくしかわからない方も多いと思います。包含除と等分除の違いと区別をわかりやすく説明していきます。 …

包含除と等分除の使い分け

包含除と等分除の違いは、必ずしも児童が理解をする必要はないかもしれません。(できた方がいいですが) しかし、算数を教える側(教師や親)は、使い分けることができないと思いがけない大混乱に繋がってしまいま …

時計の学習のアクセントに!アナログ時計とデジタル時計のメリット&デメリット

算数で多くの児童を悩ませる学習の一つが時計です。「時刻はよめても時間がわからない」という児童も多く、最後には「生活経験が足らないから仕方ないね。」「大人になったら読めるようになるから。」と諦めてしまう …

わり算の筆算を間違えるのは子どものせいじゃない!

算数の授業を、教科書の順番の通りにやっている教師の方は注意が必要です。 わり算の筆算では「商を立てる」ことが重要です。 教科書にも「おおよその商を予測して、立てましょう。」という一文が載っています。し …

2年生:立体図形の学習 授業のポイント

1年生の立体図形の学習では、「はこのようなかたち」や「筒のような形」などのように、形を全体的に見て、「転がる形」や「積める形」といったように機能面に着目をしました。   算数を究める1年生: …