算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

2年生の算数 3年生の算数 4年生の算数 5年生の算数 6年生の算数 単発授業

長方形はいくつある??

投稿日:2019年8月22日 更新日:

長方形とは何かを学ぶ小学校2年生から、組み合わせの学習(コンビネーション)をする高校生まで授業で扱うことができます。

問題

下の図の中に長方形はいくつありますか?

解法①コツコツ数える

場合分けを行いながら1種類ずつ数えていきます。単純かつ確実な考えです。小学校低中学年はこのやり方でしょう。

ただし、かなりの量になりますのでは、縦3列・横3列くらいが限界かもしれません。

 

解法②長方形の頂点を考える

四角形には4つの頂点があります。長方形は3つの頂点が決まれば、形が決定します。

1つの頂点(今回は左上の頂点)を固定すると、縦の頂点(ア~エ)から1つ、横の頂点(A~D)から1つを選ぶと長方形を作ることができます。

例えば、ウとB を選ぶと下の緑の長方形になります。

つまり、左上の赤い頂点を含む長方形は、4×4の16こあるわけです。これを頂点のところに式で下のように表すとします。

他の頂点も同じように考えていくと、下のようになります。

これらのかけ算の総和が答えになります。

 

解法③コンビネーションを考える

基本的な考えは解法②と同じです。縦5この頂点の中から2つの頂点を選び、横5この頂点の中から2つの頂点を選ぶと長方形が作られます。

この考えを式で表すと、コンビネーションを用いて、

となります。

コンビネーションを使うので高校数学の範囲となります。どこまで思考を深めるのかを子どもの実態に応じて考えて扱いましょう。

 

おまけ(一般化)

解法③の考えを使うと簡単に一般化できます。

「長方形が縦に(a-1)個、横に(b-1)個並んでいる図の中に、長方形はいくつありますか?」

縦の頂点はa個あり、この中から2この頂点を選び、

横の頂点はb個あり、この中から2この頂点を選ぶので、

となります。

 

今回は長方形の数について考えました。

正方形の数について考える授業についてはこちらをご覧ください。少し簡単です。

正方形はいくつある??

 

-2年生の算数, 3年生の算数, 4年生の算数, 5年生の算数, 6年生の算数, 単発授業

執筆者:

関連記事

「長方形の面積=たての長さ×横の長さ」じゃない!

長方形の面積の公式を言える人は多くいると思います。しかし、実は間違った意味で覚えている人も多くいます。このページでは、実は間違って理解している面積の公式について説明をします。 長方形の面積の求め方は? …

包含除と等分除の使い分け

包含除と等分除の違いは、必ずしも児童が理解をする必要はないかもしれません。(できた方がいいですが) しかし、算数を教える側(教師や親)は、使い分けることができないと思いがけない大混乱に繋がってしまいま …

演算記号(+,-,×,÷)の由来

立式をするときに使用する演算記号(+,-,×,÷)の由来について解説をします。ちょっとした雑学として教えてあげるとおもしろいです。 + の由来 所説①ラテン語説 「3+2」を言葉で言うと「3と2」です …

no image

小学校で習う8種類のグラフ

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、 数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ 数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ 資料の部分と部分( …

九九が織りなす美しい形

正十角形の頂点に0から9までの数字を順に記します。 九九の答えの一の位の数字を、順番に線で結ぶと美しい形が出てきます。     6の段は反時計回りの4の段と同じになります。同じように7の段と3の段、8 …