算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

2年生の算数 4年生の算数 6年生の算数 算数雑学

割り切れる数を探そう!

投稿日:2019年10月24日 更新日:

分数の計算で一番厄介なのが「約分」です。

せっかく計算ができたのに、約分をしてないがためにバツをもらう子はクラスの9割にのぼります(私調べ)

約分をする上で、最も大切なのが、数字を見て割り切れる数字を探すこと、別の言い方をすれば、数の約数を素早く見つけられるかです。

このページでは、約数を見つけるポイントを紹介します。

 

 

2 で割れる数

1の位が、2,4,6,8,0 (偶数)であれば、2で割り切れます。

例えば、12,26,100 などです。

3 で割れる数

すべての数をたして3か6か9になれば、3で割り切れます。

例えば、483でしたら、4+8+3=15 さらに、たして、1+5=6     6になったので、483は3で割り切れます。

482÷3=161

 

 

4 で割れる数

下2桁が、4で割り切れれば、4で割り切れる数です。(00でもOK)

例えば、5848で考えると、下2桁の48は4で割り切れますので5848も4で割り切れます。

5848÷4=1462

5 で割り切れる数

5で割り切れる数は1の位が0か5です。

例えば、40,125,625 です。

6 で割り切れる数

2で割り切れて、3で割り切れれば、6で割り切れる数なので、上であげたやり方を組み合わせて、

1の位が0,2,4,6,8 (偶数)で、すべての数をたして3か6か9になれば、6で割り切れます。。

例えば、738は7+3+8=18      1+8=9なので、3で割り切れ、1の位が8なので2で割り切れるため、6で割れる数です。

738÷6=123

 

 

7以上の数については、小学校段階では不要でしょう。そもそも複雑なので、これを理解するくらいの子は約分なんてへっちゃらなはず…。

とりあえず、2で割り切れる数、3で割り切れる数、5で割り切れる数を判別できれば、約分は乗り切れるでしょう。

 

-2年生の算数, 4年生の算数, 6年生の算数, 算数雑学

執筆者:

関連記事

演算記号(+,-,×,÷)の由来

立式をするときに使用する演算記号(+,-,×,÷)の由来について解説をします。ちょっとした雑学として教えてあげるとおもしろいです。 + の由来 所説①ラテン語説 「3+2」を言葉で言うと「3と2」です …

長方形はいくつある??

長方形とは何かを学ぶ小学校2年生から、組み合わせの学習(コンビネーション)をする高校生まで授業で扱うことができます。 問題 下の図の中に長方形はいくつありますか? 解法①コツコツ数える 場合分けを行い …

no image

図は「書く?」「描く?」「画く?」

国語の学習のようですが、授業中に「あれ?どっちだ?」と思ったことのある人は多いはずです。どれだと思いますか?? 一般的に、「書く」は文字、「描く」は絵 という認識でしょう。 そもそも「図」とは… 図と …

世界のわり算の筆算4種類!メリット&デメリット

世界中には様々なわり算の筆算のやり方があります。世界中のわり算の筆算を知ることで、日本のわり算の筆算のメリット・デメリットが見えてきます。最初にメキシコから見ていきましょう。 メキシコのわり算 メキシ …

no image

比例の活用!3種類の授業&指導のポイント

6年生の比例学習の山場です。比例関係を使って、日常の問題を解決します。 この学習では、できるだけ比例関係を使って児童の身近にある問題を解決させたいですね。 あなたならどのような日常の問題を扱いますか? …