算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

2年生の算数 4年生の算数 6年生の算数 算数雑学

割り切れる数を探そう!

投稿日:2019年10月24日 更新日:

分数の計算で一番厄介なのが「約分」です。

せっかく計算ができたのに、約分をしてないがためにバツをもらう子はクラスの9割にのぼります(私調べ)

約分をする上で、最も大切なのが、数字を見て割り切れる数字を探すこと、別の言い方をすれば、数の約数を素早く見つけられるかです。

このページでは、約数を見つけるポイントを紹介します。

 

 

2 で割れる数

1の位が、2,4,6,8,0 (偶数)であれば、2で割り切れます。

例えば、12,26,100 などです。

3 で割れる数

すべての数をたして3か6か9になれば、3で割り切れます。

例えば、483でしたら、4+8+3=15 さらに、たして、1+5=6     6になったので、483は3で割り切れます。

482÷3=161

 

 

4 で割れる数

下2桁が、4で割り切れれば、4で割り切れる数です。(00でもOK)

例えば、5848で考えると、下2桁の48は4で割り切れますので5848も4で割り切れます。

5848÷4=1462

5 で割り切れる数

5で割り切れる数は1の位が0か5です。

例えば、40,125,625 です。

6 で割り切れる数

2で割り切れて、3で割り切れれば、6で割り切れる数なので、上であげたやり方を組み合わせて、

1の位が0,2,4,6,8 (偶数)で、すべての数をたして3か6か9になれば、6で割り切れます。。

例えば、738は7+3+8=18      1+8=9なので、3で割り切れ、1の位が8なので2で割り切れるため、6で割れる数です。

738÷6=123

 

 

7以上の数については、小学校段階では不要でしょう。そもそも複雑なので、これを理解するくらいの子は約分なんてへっちゃらなはず…。

とりあえず、2で割り切れる数、3で割り切れる数、5で割り切れる数を判別できれば、約分は乗り切れるでしょう。

 

-2年生の算数, 4年生の算数, 6年生の算数, 算数雑学

執筆者:

関連記事

輪飾りを作るのに必要な折り紙は何枚?

卒業式や入学式、お誕生日会など、小学校では様々なイベントに向けて輪飾りを作りますね。 その輪飾りを作るのに、折り紙を何枚使うのかを算数的に求めてみたいと思います。 5年生以上の授業でも扱うことができま …

図は「書く?」「描く?」「画く?」

国語の学習のようですが、授業中に「あれ?どっちだ?」と思ったことのある人は多いはずです。どれだと思いますか?? 一般的に、「書く」は文字、「描く」は絵 という認識でしょう。 そもそも「図」とは… 図と …

多くの教師が失敗する角柱の体積の求め方

角柱の体積の求め方を考える授業では、絶対に授業者が忘れてはならない大前提の考えがあります。それは、 角柱の体積は、底面積×高さ で求められるかどうかは、まだわからない ということです。 角柱の体積の求 …

正多角形の面積から円の面積の公式へ

正五角形の面積を求めてみましょう。 抽象的になりますが、一般化を図るために言葉の式で考えます。 次に、正六角形の面積を考えます。 どちらの面積も、 「周りの長さ✕高さ÷2」 で求められるようです。   …

タクシーでいくら払う?(4年生以上)

4年生以上を対象とした「答えが複数ある問題」です。 「筋道を立てて考え説明することの大切さ」や「算数を知らないと損をする(知っていると得をする)こと」、そして「算数って楽しい!」と思ってもらえる授業に …