算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

2年生の算数 4年生の算数 6年生の算数 算数雑学

割り切れる数を探そう!

投稿日:2019年10月24日 更新日:

分数の計算で一番厄介なのが「約分」です。

せっかく計算ができたのに、約分をしてないがためにバツをもらう子はクラスの9割にのぼります(私調べ)

約分をする上で、最も大切なのが、数字を見て割り切れる数字を探すこと、別の言い方をすれば、数の約数を素早く見つけられるかです。

このページでは、約数を見つけるポイントを紹介します。

 

 

2 で割れる数

1の位が、2,4,6,8,0 (偶数)であれば、2で割り切れます。

例えば、12,26,100 などです。

3 で割れる数

すべての数をたして3か6か9になれば、3で割り切れます。

例えば、483でしたら、4+8+3=15 さらに、たして、1+5=6     6になったので、483は3で割り切れます。

482÷3=161

 

 

4 で割れる数

下2桁が、4で割り切れれば、4で割り切れる数です。(00でもOK)

例えば、5848で考えると、下2桁の48は4で割り切れますので5848も4で割り切れます。

5848÷4=1462

5 で割り切れる数

5で割り切れる数は1の位が0か5です。

例えば、40,125,625 です。

6 で割り切れる数

2で割り切れて、3で割り切れれば、6で割り切れる数なので、上であげたやり方を組み合わせて、

1の位が0,2,4,6,8 (偶数)で、すべての数をたして3か6か9になれば、6で割り切れます。。

例えば、738は7+3+8=18      1+8=9なので、3で割り切れ、1の位が8なので2で割り切れるため、6で割れる数です。

738÷6=123

 

 

7以上の数については、小学校段階では不要でしょう。そもそも複雑なので、これを理解するくらいの子は約分なんてへっちゃらなはず…。

とりあえず、2で割り切れる数、3で割り切れる数、5で割り切れる数を判別できれば、約分は乗り切れるでしょう。

 

-2年生の算数, 4年生の算数, 6年生の算数, 算数雑学

執筆者:

関連記事

L字型の図形の面積の求め方(6種類の解法)

第4学年の算数の研究授業でもよく扱われることのある「L字型の図形の面積の求め方」について、その解法を紹介します。 問題 下の直線で囲まれた図形の面積を求めましょう。 図形の中に方眼があるのかないのかは …

直方体を何回切れば展開図になる???

直方体があります。 この直方体には12本の辺がありますが、展開図にするためには、いくつの辺を切ればいいでしょうか?? 解法① くっつく辺の数を考える 直方体の展開図を考えます。 直方体の展開図の周りの …

no image

わり算の筆算が、どんな子でもできるようになる裏ワザ

わり算の筆算には、 ①商を予想する ②かけ算をする ③ひき算をする という3つのハードルがあります。この内の1つでも欠ければ、解くことはできません。既存のやり方では! このページでは、なんと、繰り下が …

□を使った式の落とし穴(□の使い分け)

□は、数をかく場所としての記号として用いる場合と、未知の数量を表す記号として用いる場合、変量を表す記号として用いる場合の3つの使い方があります。 ここでは、□が用いられる場面や児童のつまづきやすいポイ …

漢字で表される単位の秘密

mやkgなど、SI基本単位やSI接頭語は漢字一文字で表されることもあります。SI接頭語と漢字は意外と相性がいいみたいです。 基本的な単位についての解説はこちら↓ 単位の種類と仕組み(mを基準に!c,k …