算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

3年生の算数 4年生の算数

小数(1より小さい数)の基礎基本

投稿日:2019年1月2日 更新日:

小数(1より小さい数)の考えについて、基本の考えや誤解、小数の種類、子どものつまずきやすいポイントを説明します。

1より小さい数の表記法

ローマ数字による1より小さい数の表し方

ローマ数字には0を表す記号はありません。そのため、1より小さい数を表す場合には分数の考えを用いました。例えば

5=V、10=X とするように 1/2=S と決まっています。

漢数字による1より小さい数の表し方

以下のページで解説しています。↓

小数とは、

純小数: アラビア数字を用いて十進位取り記数法により、0 と 1 の間の数を 0.89のように整数で表したもの

帯小数:純小数の1の位が0でなく、1.89のように整数であるもの

これら純小数と帯小数をまとめて小数といいます。

小数の種類

有限小数:終わりのある小数のことです。その数を全て書き表すことができます。例えば、 0.23 や 3.45 などです。

無限小数:無限小数は、その数を全て書き表すことができない数です。この無限小数は循環小数と非循環小数の2種類に分かれます。

循環小数:同じ数が繰り返し無限にでてくる小数のことです。1÷3=0.3333333・・・

や 6÷11=0.45454545・・・

と無限に続きますね。また、11÷6=1.833333・・・ と途中から同じ数が繰り返し無限に出てくることもあります。循環小数の特徴として、必ず分数で表すことができます。

非循環小数:同じ数の羅列でなく、無限に数が続く小数のことです。例えば

√2=1.4142135…

と不規則に数が並びます。非循環小数は分数に表すことができません。また、例えば任意の位の数を見つけることは非常に難解です。

小数と数直線との不仲な関係

小数は多くの場合、数直線で考えます。詳しくはこちら↓


しかし、小数と数直線には、越え難い壁があるのです。算数が苦手な子は、この壁のせいで、知らずに躓いています。

数は左に進むほど大きい?右に進むほど大きい?

数は左と右、どちらに進むほど大きくなるのでしょうか。

「左に進むほど大きくなる」と考える人は、位取り記数法を思い浮かべています。位は左に進むほど大きくなっていきますね。

一方、「右に進むほど大きくなる」と考える人は数直線を思い浮かべています。数直線は右に進むほど大きくなっていますね。

ここで小数を考えてみましょう。小数は「0.001」のように右へ進むほど数は小さくなります。しかし、数直線は右へ進むほど大きくります。

0.1は0より小さい?

「0.1は0より小さい」と考える人はいないと思います。しかし、子どもの中には「0.1は0より小さい」と勘違いをしている子もいます。なぜ、そのような勘違いが起きてしまうのでしょうか。

数直線では、右へ進むほど数は大きくなります。そして、0より左はマイナス(負の数)となります。

一方、位取り記数法は下のように表記しますね。

数直線は0を基準に考えます。位取り記数法は小数点を基準に考えます。この基準を混同してしまうと、「0.1は0より小さい」という勘違いにつながるのです。

このような誤解のないように、数直線に小数を書いたり、生活の中で使われている小数に触れさせたりすることが大切です。

0.9+0.1=0.10?

小数の足し算も算数が苦手な児童にとってはとても難解です。小数の仕組みをしっかり教え込むことが必要です。動画にまとめましたのでご覧ください。↓

-3年生の算数, 4年生の算数

執筆者:


関連記事

L字型の図形の面積の求め方(6種類の解法)

第4学年の算数の研究授業でもよく扱われることのある「L字型の図形の面積の求め方」について、その解法を紹介します。 問題 下の直線で囲まれた図形の面積を求めましょう。 図形の中に方眼があるのかないのかは …

自分の塾をグラフでアピールしよう ~グラフの活用~

下のように、3つの塾の合格者数に関する表があります。(クラスを3グループに分け)自分の担当する塾にとって都合が良いように、グラフを作りましょう。   A塾にとって都合の良いグラフ A塾は、合 …

計算が苦手な人に知ってほしい「積み上げわり算」

わり算の筆算で起こりうる間違いは、主に 商の立て間違い です。この商の立て間違いによって、あまりが除数より大きくなってしまったり、何度も何度も書いては消しての繰り返しをしている子が多くいます。 ここで …

わり算の筆算はどうして他と形が違うの?

わり算の筆算は、たし算、ひき算、かけ算の筆算とは違う書き方をします。なぜ、違う書き方なのでしょうか。授業をするときのポイントと合わせて解説します。 まずやらせてみる 「96÷3」を筆算で計算しましょう …

□を使った式の落とし穴(□の使い分け)

□は、数をかく場所としての記号として用いる場合と、未知の数量を表す記号として用いる場合、変量を表す記号として用いる場合の3つの使い方があります。 ここでは、□が用いられる場面や児童のつまづきやすいポイ …