算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 5年生の算数 6年生の算数 単発授業 思考力を鍛える問題

タクシーでいくら払う?(4年生以上)

投稿日:2019年8月17日 更新日:

4年生以上を対象とした「答えが複数ある問題」です。

「筋道を立てて考え説明することの大切さ」や「算数を知らないと損をする(知っていると得をする)こと」、そして「算数って楽しい!」と思ってもらえる授業になるかと思います。ぜひ、授業で扱ってみてください。

 

問題

 

 

解法

男子にはとおるくんが得をするように、女子にはのぞみさんが得をするように「相手を説得しよう!」と投げかけると、解法が広がり、思考が深まるでしょう!

解法① とおるが得をする考え

解法② のぞみが得をする考え

解法③ 折衷案的な考え

 

 

このように、同じ問題でも、いくつかの答えが出てきますね。「自分がより得をするためにはどうするのか」を考えることはとても楽しく、有意義な学習です。

算数的ではありませんが、以下のようなおもしろい考えも出てくるかもしれません。

解法④ ずるい考え

解法⑤ 男前な考え

「男らしく」は人権的にアウトかもしれませんが…。

どの解法であっても、きちんと筋道を立てて考えられており、論理の組み立てができていれば、認めるべきでしょう。

-4年生の算数, 5年生の算数, 6年生の算数, 単発授業, 思考力を鍛える問題

執筆者:

関連記事

no image

四角形の内角の和 授業のポイント

四角形の内角の和の学習は、研究授業でも扱われることの多い授業です。しかし、教科書通りのやり方には大きな落とし穴があります。詳しくは下のページを参考にしてください。 算数を究める四角形の内角の和 教科書 …

□を使った式の落とし穴(□の使い分け)

□は、数をかく場所としての記号として用いる場合と、未知の数量を表す記号として用いる場合、変量を表す記号として用いる場合の3つの使い方があります。 ここでは、□が用いられる場面や児童のつまづきやすいポイ …

健康観察で倍数の学習

健康観察で、児童の名前を呼ぶとき、 「今日はあるルールで名前を呼ぶよ。どんなルールかわかるかな?」と告げてから、 出席番号が2,4,6… と2の倍数となる児童を呼んでいきます。 児童は、「いっことびだ …

正多角形の面積から円の面積の公式へ

正五角形の面積を求めてみましょう。 抽象的になりますが、一般化を図るために言葉の式で考えます。 次に、正六角形の面積を考えます。 どちらの面積も、 「周りの長さ✕高さ÷2」 で求められるようです。   …

no image

三角定規2枚を重ねないで、15度を作れ!

2種類の三角定規を1枚ずつ使って、15度を作ってください。 三角定規を重ねれば、下のように簡単に15度を作ることができます。 では、重ねないで15度を作る方法を考えてください! ただし、定規で線を引い …