算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 算数雑学

計算が苦手な人に知ってほしい「積み上げわり算」

投稿日:2019年8月29日 更新日:

わり算の筆算で起こりうる間違いは、主に

商の立て間違い

です。この商の立て間違いによって、あまりが除数より大きくなってしまったり、何度も何度も書いては消しての繰り返しをしている子が多くいます。

ここでは、商を立て間違えても答えを出すことができる「積み上げわり算」について紹介します。

 

 

わり算の筆算では、通常、あまりが除数より大きくなってしまったら、商を立て直します。しかし、積み上げわり算では、気にせずそのまま続けていきます。

下がそのやり方です。

もちろん、最後の最後はあまりは除数より小さくなります。逆に言えば、あまりが除数より小さくなるまで(0以下は論外)、どんな数でも商を立て続ければ、最後にすべての商をたすことで解を出すことができるのです。

ぜひ、わり算の筆算が苦手、商を立てるのことが苦手というお子さんに教えてみてください。

 

 

-4年生の算数, 算数雑学

執筆者:

関連記事

比例学習のスパイラル(各学年で教えるべきこと)

算数の山の1つである「比例」の学習は4年生から始まります。どのような系統的学習を経て児童は比例を学ぶのでしょうか。     4年:変わり方 4年生では、「ともなって変わる2つの量の変わり方を調べる」と …

海底2万マイルって、残念な旅行??

ネモ船長の小旅行!? ジュール・ベンヌ作「海底2万〇〇」という有名な小説があります。(船長の名前がネモ) ちなみにこの小説の日本語訳は訳の違いで、いくつかの単位のものが出版されています。 原作:海底2 …

no image

長方形を正方形に分ける ~公約数&フィボナッチ数列への発展~

長方形を正方形でわけるだけで、 4年生では、正方形の学習の発展として、5年生では、最大公約数の発展として、またはフィボナッチ数列というおもしろさとして扱うことのできる教材です。 できるだけ大きな正方形 …

九九が織りなす美しい形

正十角形の頂点に0から9までの数字を順に記します。 九九の答えの一の位の数字を、順番に線で結ぶと美しい形が出てきます。     6の段は反時計回りの4の段と同じになります。同じように7の段と3の段、8 …

わり算の筆算はどうして他と形が違うの?

わり算の筆算は、たし算、ひき算、かけ算の筆算とは違う書き方をします。なぜ、違う書き方なのでしょうか。授業をするときのポイントと合わせて解説します。 まずやらせてみる 「96÷3」を筆算で計算しましょう …