算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 算数雑学

計算が苦手な人に知ってほしい「積み上げわり算」

投稿日:2019年8月29日 更新日:

わり算の筆算で起こりうる間違いは、主に

商の立て間違い

です。この商の立て間違いによって、あまりが除数より大きくなってしまったり、何度も何度も書いては消しての繰り返しをしている子が多くいます。

ここでは、商を立て間違えても答えを出すことができる「積み上げわり算」について紹介します。

 

 

わり算の筆算では、通常、あまりが除数より大きくなってしまったら、商を立て直します。しかし、積み上げわり算では、気にせずそのまま続けていきます。

下がそのやり方です。

もちろん、最後の最後はあまりは除数より小さくなります。逆に言えば、あまりが除数より小さくなるまで(0以下は論外)、どんな数でも商を立て続ければ、最後にすべての商をたすことで解を出すことができるのです。

ぜひ、わり算の筆算が苦手、商を立てるのことが苦手というお子さんに教えてみてください。

 

 

-4年生の算数, 算数雑学

執筆者:

関連記事

比例学習のスパイラル(各学年で教えるべきこと)

算数の山の1つである「比例」の学習は4年生から始まります。どのような系統的学習を経て児童は比例を学ぶのでしょうか。     4年:変わり方 4年生では、「ともなって変わる2つの量の変わり方を調べる」と …

小数(1より小さい数)の基礎基本

小数(1より小さい数)の考えについて、基本の考えや誤解、小数の種類、子どものつまずきやすいポイントを説明します。 1より小さい数の表記法 ローマ数字による1より小さい数の表し方 ローマ数字には0を表す …

四角形のしきつめ

平行四辺形 ひし形 台形 四角形 四角形のしきつめの授業等に活用してください。 ぴったりと敷き詰められる図形の美しさ なぜ美しく敷き詰めることができるのか という不思議も追及してください

no image

図は「書く?」「描く?」「画く?」

国語の学習のようですが、授業中に「あれ?どっちだ?」と思ったことのある人は多いはずです。どれだと思いますか?? 一般的に、「書く」は文字、「描く」は絵 という認識でしょう。 そもそも「図」とは… 図と …

不思議な時計のひみつ

上映77周年記念ミッキーファンタジーアワー限定時計 という面白い時計があります。 上の画像を見ていただければお分かりの通り、文字盤が一般的な時計とは異なります。 画像の短針は4を指しているので4時です …