算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数

絶対に解けない!?面積の問題

投稿日:2019年1月15日 更新日:

早速ですが、下の四角形の面積はいくつですか?

3×5=15   答え15㎠

と考えたあなたは不正解です。

なぜならば上の四角形は長方形ではないからです。

・問題文中に長方形と書いてある

・3つ以上の角に直角を表す印がある

など、四角形が長方形である証拠がないと、長方形の面積の公式は使えません。上の四角形の面積は求めることはできないのです。では下の四角形の面積はどうでしょうか。

各角に直角を表す印がないので、長方形と言えないのでしょうか。実は、「方眼紙の1マスは正方形である。」というお約束があります。そのため、上の四角形は長方形であるといえます。だから、面積を求めることができます。

問題を作る際、または、提示する際にはちゃんと子どもが解くことのできる問題なのかを確認しなければなりません。

長方形の面積の求め方に関する誤解はこちらのページ↓

-4年生の算数

執筆者:


関連記事

ものの位置の表し方

第1学年では、左右や上下など、1次元のものの位置の表し方について学習しています。 第4学年では、平面上にあるものの位置についてどのように表すのかを学習します。この学習では、児童が体を動かしながら、楽し …

わり算の筆算はどうして他と形が違うの?

わり算の筆算は、たし算、ひき算、かけ算の筆算とは違う書き方をします。なぜ、違う書き方なのでしょうか。授業をするときのポイントと合わせて解説します。 まずやらせてみる 「96÷3」を筆算で計算しましょう …

計算が苦手な人に知ってほしい「積み上げわり算」

わり算の筆算で起こりうる間違いは、主に 商の立て間違い です。この商の立て間違いによって、あまりが除数より大きくなってしまったり、何度も何度も書いては消しての繰り返しをしている子が多くいます。 ここで …

長方形を正方形に分ける ~公約数&フィボナッチ数列への発展~

長方形を正方形でわけるだけで、 4年生では、正方形の学習の発展として、5年生では、最大公約数の発展として、またはフィボナッチ数列というおもしろさとして扱うことのできる教材です。 できるだけ大きな正方形 …

正方形はいくつある??

正方形は何かを学ぶ2年生から高校生まで、幅広く行える授業です。子供の実態に応じて、または何を身につけさせたいのかに応じて、解法例を取り上げ、思考を深めてみてください。 問題 下の図の中に正方形はいくつ …