算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数

絶対に解けない!?面積の問題

投稿日:2019年1月15日 更新日:

早速ですが、下の四角形の面積はいくつですか?

3×5=15   答え15㎠

と考えたあなたは不正解です。

なぜならば上の四角形は長方形ではないからです。

・問題文中に長方形と書いてある

・3つ以上の角に直角を表す印がある

など、四角形が長方形である証拠がないと、長方形の面積の公式は使えません。上の四角形の面積は求めることはできないのです。では下の四角形の面積はどうでしょうか。

各角に直角を表す印がないので、長方形と言えないのでしょうか。実は、「方眼紙の1マスは正方形である。」というお約束があります。そのため、上の四角形は長方形であるといえます。だから、面積を求めることができます。

問題を作る際、または、提示する際にはちゃんと子どもが解くことのできる問題なのかを確認しなければなりません。

長方形の面積の求め方に関する誤解はこちらのページ↓

-4年生の算数

執筆者:


関連記事

no image

カレンダーの数字のヒミツ

カレンダーの数字には、様々なヒミツが隠れています。ヒミツの証明まで考えなければ、3年生以上の学年で扱うことができる教材です。 あなたは、いくつのヒミツを見つけることができますか?このページでは9種類の …

□を使った式の落とし穴(□の使い分け)

□は、数をかく場所としての記号として用いる場合と、未知の数量を表す記号として用いる場合、変量を表す記号として用いる場合の3つの使い方があります。 ここでは、□が用いられる場面や児童のつまづきやすいポイ …

小数(1より小さい数)の基礎基本

小数(1より小さい数)の考えについて、基本の考えや誤解、小数の種類、子どものつまずきやすいポイントを説明します。 1より小さい数の表記法 ローマ数字による1より小さい数の表し方 ローマ数字には0を表す …

L字型の図形の面積の求め方(6種類の解法)

第4学年の算数の研究授業でもよく扱われることのある「L字型の図形の面積の求め方」について、その解法を紹介します。 問題 下の直線で囲まれた図形の面積を求めましょう。 図形の中に方眼があるのかないのかは …

no image

三角定規2枚で作ることのできる角度

2種類の三角定規を1枚ずつ使って、どのような角度が作れるでしょうか。 角をそのまま使って まず、30度、45度、60度、90度、180度は、下のように、すでにありますね。 それでは、三角定規を組み合わ …