算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数

L字型の図形の面積の求め方(6種類の解法)

投稿日:2019年8月23日 更新日:

第4学年の算数の研究授業でもよく扱われることのある「L字型の図形の面積の求め方」について、その解法を紹介します。

問題

下の直線で囲まれた図形の面積を求めましょう。

図形の中に方眼があるのかないのかは教科書によって異なります。図形の中もしくは外に、方眼がないと大変なことになります。詳しくはこちらで解説をしています。絶対に解けない面積の問題

 

解法①1マスずつ数える

一番単純かつ一番確実な方法です。しかし、数が大きくなると大変(事実上不可能)であることを抑える必要があります。

 

解法②長方形に分けて足す

授業を行う際に、最もオーソドックスな解法です。この解法を扱った時には以下の2つの点を抑える必要があります。

①面積も加法が使える

②「分ければいい」という訳ではない

「分ける」ということを強調しすぎるとやたらめったら細かく切る児童が出てきます。何のために分けるのかを意識させる必要があります。

 

解法③全体から余計なところをとる

全体を長方形とみて、右上の余計な長方形を引く考えです。この解法を扱う際には、面積も減法がつかえる ということを抑える必要があります。

 

上の解法②③(①)はどんなL字型でも使えます。以下に説明するものは特殊な場合の解法です。

 

解法④2つを組み合わせ半分を考える

解法⑤長方形に変形する

解法⑥台形に変形する

小学4年生では台形の面積の求め方は学習していません。また、解法①~⑥までの解法すべてを授業で扱うと明らかに時間が足りません。

どこまで扱うのか、どのように扱うのかは一考してください。

 

この授業の結末は、L字型の面積は長方形(や正方形)の面積の求め方をもとにすれば求めることができるとなります。

さらに、「図の形によってどの解法が適しているのか」も考えさせられるとよりよいです。例えば

上のような図では、解法②よりも解法③の方が適しているといえます。児童によって、やりやすいかどうかの差異はありますが、どの解法がよりよいかは思考させる必要があります。

 

-4年生の算数

執筆者:

関連記事

わり算の筆算を間違えるのは子どものせいじゃない!

算数の授業を、教科書の順番の通りにやっている教師の方は注意が必要です。 わり算の筆算では「商を立てる」ことが重要です。 教科書にも「おおよその商を予測して、立てましょう。」という一文が載っています。し …

長方形はいくつある??

長方形とは何かを学ぶ小学校2年生から、組み合わせの学習(コンビネーション)をする高校生まで授業で扱うことができます。 問題 下の図の中に長方形はいくつありますか? 解法①コツコツ数える 場合分けを行い …

三角定規2枚で作ることのできる角度

2種類の三角定規を1枚ずつ使って、どのような角度が作れるでしょうか。 角をそのまま使って まず、30度、45度、60度、90度、180度は、下のように、すでにありますね。 それでは、三角定規を組み合わ …

包含除と等分除の使い分け

包含除と等分除の違いは、必ずしも児童が理解をする必要はないかもしれません。(できた方がいいですが) しかし、算数を教える側(教師や親)は、使い分けることができないと思いがけない大混乱に繋がってしまいま …

no image

わり算の筆算が、どんな子でもできるようになる裏ワザ

わり算の筆算には、 ①商を予想する ②かけ算をする ③ひき算をする という3つのハードルがあります。この内の1つでも欠ければ、解くことはできません。既存のやり方では! このページでは、なんと、繰り下が …