算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 5年生の算数 6年生の算数 単発授業

長方形を正方形に分ける ~公約数&フィボナッチ数列への発展~

投稿日:2020年3月24日 更新日:

長方形を正方形でわけるだけで、

4年生では、正方形の学習の発展として、5年生では、最大公約数の発展として、またはフィボナッチ数列というおもしろさとして扱うことのできる教材です。

できるだけ大きな正方形で分ける

早速ですが、下の長方形を、

できるだけ大きな正方形で分けてみてください。

このようになりますね。

これを式で表すと、

15÷6=2あまり3 (15cmの辺を、1辺が6cmの正方形でわけると2つ分と3cmあまる)

6÷3=2 (6cmの辺を、1辺が3cmの正方形でわけると2つ分)

となりますね。

長方形の辺の長さを変えてやってみましょう。

長方形の辺の長さを a cm、b cm (a>b)としたときに、一辺が b cmとなるような正方形を作っていけばいいですね。

どんな長方形であっても、最後、いくつかの1㎠の正方形を使えば、分けることができます。

同じ大きさの正方形で分ける

長方形を、同じ大きさの正方形で分けるには、どうすればいいのでしょうか。

先程の長方形でしたら、

上のように、1辺が3cmの正方形で分けることができます。

次の長方形はどうでしょうか。

この長方形を同じ正方形でわけようとすると、1辺が1㎠の正方形わけるしかありません。どうしてでしょうか。

同じ大きさの正方形で分ける際には、たての長さと横の長さの最大公約数を考えるのです。

1つ目の長方形でしたら、たてが6cm、横が15cmなので、6と15の最大公約数3を一辺の長さにする正方形を分けることができます。

一方、2つ目の長方形では、たてが7cm、横が11cmなので、7と11の最大公約数である1を一辺の長さにする長方形分けることになります。

フィボナッチ数列

次に、できるだけ大きな正方形を足して、長方形を作ってみましょう。

まずは、1辺の長さが1cmである正方形が1つあるとします。(正方形の中の数字は1辺の長さを表します)

できるだけ大きな正方形は1辺が1cmの正方形です。

次は、1辺が2cmの正方形をたすことができます。

これを繰り返していきます。

これら出てきた数字を並べてみましょう。

1,1,2,3,5,8,13…

とフィボナッチ数列が誕生しました。

このフィボナッチ数列は、前の前の数と前の数をたしていくというものです。

このように、4年生では、正方形の学習の発展として、5年生では、最大公約数の発展として、またはフィボナッチ数列というおもしろさとして扱うことのできる教材です。

-4年生の算数, 5年生の算数, 6年生の算数, 単発授業

執筆者:

関連記事

多くの教師が失敗する角柱の体積の求め方

角柱の体積の求め方を考える授業では、絶対に授業者が忘れてはならない大前提の考えがあります。それは、 角柱の体積は、底面積×高さ で求められるかどうかは、まだわからない ということです。 角柱の体積の求 …

健康観察で素数の学習

健康観察で、児童の名前を呼ぶとき、 「今日はあるルールで名前を呼ぶよ。どんなルールかわかるかな?」と告げてから、 出席番号が2,4,6… と2の倍数となる児童を呼んでいきます。 児童は、「いっことびだ …

no image

三角定規2枚を重ねないで、15度を作れ!

2種類の三角定規を1枚ずつ使って、15度を作ってください。 三角定規を重ねれば、下のように簡単に15度を作ることができます。 では、重ねないで15度を作る方法を考えてください! ただし、定規で線を引い …

分割分数と量分数の意味と違いを知っていますか?

分数には「分割分数」と「量分数」があります。この2つの分数を使い分けないと、とんでもない誤解に繋がります。 分割分数 まず、小学1年生では「はんぶん」という言葉について学び、これが分数の入り口となりま …

ものの位置の表し方

第1学年では、左右や上下など、1次元のものの位置の表し方について学習しています。 第4学年では、平面上にあるものの位置についてどのように表すのかを学習します。この学習では、児童が体を動かしながら、楽し …