算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 6年生の算数 算数の基礎

わり算の性質を理解させる方法

投稿日:2019年10月24日 更新日:

わり算には、割る数(除数)と割られる数(被除数)を同じ数でかけたり、わったりしても答え(商)は変わらないという性質があります。

お金で考えるとわかりやすく、

6÷2は

60÷20は、

600÷200は、

と、どれも、硬貨6枚を2枚ずつ分ける という考えになり、6÷2 という簡単な計算でできます。

 

 

次に、30÷10 について、五円玉硬貨が何枚あるかで考えてみましょう。

式は、またもや 6÷2 になります。

この問題を経て、児童が、「硬貨(○円玉)じゃなくてもできないかな?」と思考を発展させたいです。例えば、42÷14だったら、除数と被除数を7で割って、6÷2 といった具合です。(もちろん4や12で割っても構いません)

 

理解が難しい児童には、7円玉で考えさせて、

とすると、わかりやすいでしょう。

 

そして、この学習は、6年生の「分数の約分」に繋がります。4年生の段階で、わり算の性質について理解ができていれば、苦手な児童の多い約分もこわくありません!

約分に大切な割り切れる数の見つけ方も参考にしてください。↓↓

割り切れる数を探そう!

-4年生の算数, 6年生の算数, 算数の基礎

執筆者:

関連記事

no image

小1~小6対応 思考力を鍛える問題:形の仲間分け

どの学年でも行うことのできる図形に関する授業です。隙間時間でも行えます。 問題 下の12個の図形を仲間に分けましょう。 上の図形はすべて私がwordで作成したものです。元の画像には色がついています。 …

no image

対称の中心を使わずに点対称な図形をかく

線対称の線対称は点対称! 線対称と点対称の授業では、それぞれの特徴について考え、それぞれの図形の書き方を学びますが、線対象と点対称の関係までは考えません。むしろ、全くの別物として扱うこともあるようです …

小数(1より小さい数)の基礎基本

小数(1より小さい数)の考えについて、基本の考えや誤解、小数の種類、子どものつまずきやすいポイントを説明します。 1より小さい数の表記法 ローマ数字による1より小さい数の表し方 ローマ数字には0を表す …

1年生:立体図形の学習 授業のポイント

小学校最初の図形の学習は、平面図形ではなく、立体図形です。 これは、立体図形の方が具体性があり、立体図形の構成要素として平面図形があるからでしょう。 それでは、小学校最初の図形領域の学習である「立体的 …

no image

三角定規2枚で作ることのできる角度

2種類の三角定規を1枚ずつ使って、どのような角度が作れるでしょうか。 角をそのまま使って まず、30度、45度、60度、90度、180度は、下のように、すでにありますね。 それでは、三角定規を組み合わ …