算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 6年生の算数 算数の基礎

わり算の性質を理解させる方法

投稿日:2019年10月24日 更新日:

わり算には、割る数(除数)と割られる数(被除数)を同じ数でかけたり、わったりしても答え(商)は変わらないという性質があります。

お金で考えるとわかりやすく、

6÷2は

60÷20は、

600÷200は、

と、どれも、硬貨6枚を2枚ずつ分ける という考えになり、6÷2 という簡単な計算でできます。

 

 

次に、30÷10 について、五円玉硬貨が何枚あるかで考えてみましょう。

式は、またもや 6÷2 になります。

この問題を経て、児童が、「硬貨(○円玉)じゃなくてもできないかな?」と思考を発展させたいです。例えば、42÷14だったら、除数と被除数を7で割って、6÷2 といった具合です。(もちろん4や12で割っても構いません)

 

理解が難しい児童には、7円玉で考えさせて、

とすると、わかりやすいでしょう。

 

そして、この学習は、6年生の「分数の約分」に繋がります。4年生の段階で、わり算の性質について理解ができていれば、苦手な児童の多い約分もこわくありません!

約分に大切な割り切れる数の見つけ方も参考にしてください。↓↓

割り切れる数を探そう!

-4年生の算数, 6年生の算数, 算数の基礎

執筆者:

関連記事

no image

なかまづくり どちらがおおい?

1年生の最初に扱われる教材です。最初だからこそ、抑えるべきポイントをしっかり抑える必要があります。 1年生の算数は、大人にとっては「当たり前」なことがほとんどです。 そのため、大事なポイントを他の学年 …

世界のわり算の筆算4種類!メリット&デメリット

世界中には様々なわり算の筆算のやり方があります。世界中のわり算の筆算を知ることで、日本のわり算の筆算のメリット・デメリットが見えてきます。最初にメキシコから見ていきましょう。 メキシコのわり算 メキシ …

質問と発問の違い

授業(特に指導案)では「発問」という言葉が頻出します。日常生活では「発問」という言葉はあまり使わず馴染みがなく、「質問」という言葉の方がよく聞くのではないでしょうか。ここでは「質問」と「発問」の違いに …

わり算の筆算を間違えるのは子どものせいじゃない!

算数の授業を、教科書の順番の通りにやっている教師の方は注意が必要です。 わり算の筆算では「商を立てる」ことが重要です。 教科書にも「おおよその商を予測して、立てましょう。」という一文が載っています。し …

「長方形の面積=たての長さ×横の長さ」じゃない!

長方形の面積の公式を言える人は多くいると思います。しかし、実は間違った意味で覚えている人も多くいます。このページでは、実は間違って理解している面積の公式について説明をします。 長方形の面積の求め方は? …