算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数 単発授業 思考力を鍛える問題

健康観察で倍数の学習

投稿日:2021年6月5日 更新日:

健康観察で、児童の名前を呼ぶとき、

「今日はあるルールで名前を呼ぶよ。どんなルールかわかるかな?」と告げてから、

出席番号が2,4,6… と2の倍数となる児童を呼んでいきます。

児童は、「いっことびだ。」「出席番号が2の段の答えだ。」と言い始めるでしょう。

最後まで呼び終わったら「正解出席番号が2の段の答えになる人でした。」と答えを言います。

そして、「今、呼ばれた人の出席番号のように、2の段の答えになる数。2で割り切れる数を2の倍数と言いますよ。と説明をしましょう。

次に、「もう一度、別のルールでやるよ。」と言ったあと、

出席番号が3,6,9…と3の倍数になる児童を呼びます。

このとき、出席番号が6の児童と12の児童など、2回呼ばれる児童がいるところに着目しても面白いですね。

最後まで呼んだら、正解を発表し、3の倍数について説明します。

さらに、出席番号が4の倍数、5の倍数と続けます。

倍数については、ここで終わりにしてもいいのですが、もう少し考えさせたいのなら、さらに児童に問題を出しましょう。

「一番多く名前が呼ばれる人は何番の人ですか?」

学級の児童数にもよりますが、24番や36番でしょうか。約数を多く持つ数が出席番号である児童が、一番多く呼ばれますね。約数の導入として使うこともできます。

この授業は倍数の導入でも、倍数を学んだ後にも使えます。

本当に健康観察の時間を使って行うなら、1時間目に算数があるときにやらないと大変なことになりますが…。

同じ様な展開の仕方で素数の学習もできます。それについてはこちらをご覧ください。↓

-5年生の算数, 単発授業, 思考力を鍛える問題

執筆者:


  1. […] 健康観察で倍数の学習 | 算数を究める より: 2021年6月5日 6:35 AM […]

関連記事

no image

輪飾りを作るのに必要な折り紙は何枚?

卒業式や入学式、お誕生日会など、小学校では様々なイベントに向けて輪飾りを作りますね。 その輪飾りを作るのに、折り紙を何枚使うのかを算数的に求めてみたいと思います。 5年生以上の授業でも扱うことができま …

直方体を何回切れば展開図になる???

直方体があります。 この直方体には12本の辺がありますが、展開図にするためには、いくつの辺を切ればいいでしょうか?? 解法① くっつく辺の数を考える 直方体の展開図を考えます。 直方体の展開図の周りの …

正多角形の面積から円の面積の公式へ

正五角形の面積を求めてみましょう。 抽象的になりますが、一般化を図るために言葉の式で考えます。 次に、正六角形の面積を考えます。 どちらの面積も、 「周りの長さ✕高さ÷2」 で求められるようです。   …

タクシーでいくら払う?(4年生以上)

4年生以上を対象とした「答えが複数ある問題」です。 「筋道を立てて考え説明することの大切さ」や「算数を知らないと損をする(知っていると得をする)こと」、そして「算数って楽しい!」と思ってもらえる授業に …

正方形はいくつある??

正方形は何かを学ぶ2年生から高校生まで、幅広く行える授業です。子供の実態に応じて、または何を身につけさせたいのかに応じて、解法例を取り上げ、思考を深めてみてください。 問題 下の図の中に正方形はいくつ …