算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数 単発授業 思考力を鍛える問題

健康観察で倍数の学習

投稿日:2021年6月5日 更新日:

健康観察で、児童の名前を呼ぶとき、

「今日はあるルールで名前を呼ぶよ。どんなルールかわかるかな?」と告げてから、

出席番号が2,4,6… と2の倍数となる児童を呼んでいきます。

児童は、「いっことびだ。」「出席番号が2の段の答えだ。」と言い始めるでしょう。

最後まで呼び終わったら「正解出席番号が2の段の答えになる人でした。」と答えを言います。

そして、「今、呼ばれた人の出席番号のように、2の段の答えになる数。2で割り切れる数を2の倍数と言いますよ。と説明をしましょう。

次に、「もう一度、別のルールでやるよ。」と言ったあと、

出席番号が3,6,9…と3の倍数になる児童を呼びます。

このとき、出席番号が6の児童と12の児童など、2回呼ばれる児童がいるところに着目しても面白いですね。

最後まで呼んだら、正解を発表し、3の倍数について説明します。

さらに、出席番号が4の倍数、5の倍数と続けます。

倍数については、ここで終わりにしてもいいのですが、もう少し考えさせたいのなら、さらに児童に問題を出しましょう。

「一番多く名前が呼ばれる人は何番の人ですか?」

学級の児童数にもよりますが、24番や36番でしょうか。約数を多く持つ数が出席番号である児童が、一番多く呼ばれますね。約数の導入として使うこともできます。

この授業は倍数の導入でも、倍数を学んだ後にも使えます。

本当に健康観察の時間を使って行うなら、1時間目に算数があるときにやらないと大変なことになりますが…。

同じ様な展開の仕方で素数の学習もできます。それについてはこちらをご覧ください。↓

-5年生の算数, 単発授業, 思考力を鍛える問題

執筆者:


  1. […] 健康観察で倍数の学習 | 算数を究める より: 2021年6月5日 6:35 AM […]

関連記事

外延量と内包量の意味や違いを知っていますか?

連続量は、外延量と内包量に分類されます。分離量と連続量についてはこちら↓↓ 分離量と連続量の意味と違いを知っていますか? 外延量 外延量とは、物体の合併がそのまま加法を意味するような量です。 長さ:3 …

健康観察で素数の学習

健康観察で、児童の名前を呼ぶとき、 「今日はあるルールで名前を呼ぶよ。どんなルールかわかるかな?」と告げてから、 出席番号が2,4,6… と2の倍数となる児童を呼んでいきます。 児童は、「いっことびだ …

no image

四角形の内角の和 授業のポイント

四角形の内角の和の学習は、研究授業でも扱われることの多い授業です。しかし、教科書通りのやり方には大きな落とし穴があります。詳しくは下のページを参考にしてください。 算数を究める四角形の内角の和 教科書 …

no image

帰納的思考とはどういうことか??

数学における帰納的思考と聞くと数学的帰納法を思いつく人が多いと思います。 小学校の算数でも、数学的帰納法とまでは行きませんが、帰納的な考え方を用いる場合があります。ここでは、数学的帰納法と算数における …

不思議な時計のひみつ

上映77周年記念ミッキーファンタジーアワー限定時計 という面白い時計があります。 上の画像を見ていただければお分かりの通り、文字盤が一般的な時計とは異なります。 画像の短針は4を指しているので4時です …