算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数 単発授業 思考力を鍛える問題

健康観察で素数の学習

投稿日:2021年6月5日 更新日:

健康観察で、児童の名前を呼ぶとき、

「今日はあるルールで名前を呼ぶよ。どんなルールかわかるかな?」と告げてから、

出席番号が2,4,6… と2の倍数となる児童を呼んでいきます。

児童は、「いっことびだ。」「出席番号が2の段の答えだ。」「2の倍数だ。」と言い始めるでしょう。

最後まで呼び終わったら「正解出席番号が2の倍数となる人でした。」と答えを言います。

 

次に、「もう一度、別のルールでやるよ。」と言ったあと、

出席番号が3,6,9…と3の倍数になる児童を呼びます。

このとき、出席番号が6の児童と12の児童など、6の倍数になる児童は2回呼ばれるところに着目しても面白いですね。

最後まで呼んだら、正解を発表します。

さらに、出席番号が4の倍数、5の倍数と続けます。

ここで児童に問題を出しましょう。

「一度しか名前が呼ばれない人の出席番号は何番ですか?」

その児童の出席番号が、素数です。

さらに問題を出します。

「悲しいことに一度も名前を呼ばれない人の出席番号は何番ですか?」

出席番号1番の児童ですね。1は素数ではありません。

 

この授業は素数の導入でも、素数を学んだ後にも使えます。

本当に健康観察の時間を使って行うなら、1時間目に算数があるときにやらないと大変なことになりますが…。

同じ様な展開の仕方で倍数の学習もできます。それについてはこちらをご覧ください。↓

-5年生の算数, 単発授業, 思考力を鍛える問題

執筆者:


  1. […] 健康観察で素数の学習 […]

関連記事

no image

輪飾りを作るのに必要な折り紙は何枚?

卒業式や入学式、お誕生日会など、小学校では様々なイベントに向けて輪飾りを作りますね。 その輪飾りを作るのに、折り紙を何枚使うのかを算数的に求めてみたいと思います。 5年生以上の授業でも扱うことができま …

線対称で点対称な図形をかく

教科書では、正多角形について、線対称か点対称かを考え、角(辺)の数が偶数であるならば、線対称かつ点対称であることを学びます。 線対称かつ点対称である図形は正偶数角形だけではありません。 スクラッチを使 …

算数心理マジック

算数における心理マジックを行いたいと思います。下の式になるように、問題文を作ります。 下の中から一つずつ単語を選んで問題を作ってください。 ペンキ ・ りんご ・ ロープ ・ ヘビ あなたは、何を選び …

no image

幼児はどのように数をかぞえるのか? 数の数え方6種類

物の数をかぞえるという行為は、算数において、最も基礎的な学習といっても過言ではありません。 幼児から小学1年生の児童は、どのように物の数をかぞえるのか、親として授業者として抑えるべきポイントを解説しま …

正方形はいくつある??

正方形は何かを学ぶ2年生から高校生まで、幅広く行える授業です。子供の実態に応じて、または何を身につけさせたいのかに応じて、解法例を取り上げ、思考を深めてみてください。 問題 下の図の中に正方形はいくつ …