算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数 単発授業 思考力を鍛える問題

健康観察で素数の学習

投稿日:2021年6月5日 更新日:

健康観察で、児童の名前を呼ぶとき、

「今日はあるルールで名前を呼ぶよ。どんなルールかわかるかな?」と告げてから、

出席番号が2,4,6… と2の倍数となる児童を呼んでいきます。

児童は、「いっことびだ。」「出席番号が2の段の答えだ。」「2の倍数だ。」と言い始めるでしょう。

最後まで呼び終わったら「正解出席番号が2の倍数となる人でした。」と答えを言います。

 

次に、「もう一度、別のルールでやるよ。」と言ったあと、

出席番号が3,6,9…と3の倍数になる児童を呼びます。

このとき、出席番号が6の児童と12の児童など、6の倍数になる児童は2回呼ばれるところに着目しても面白いですね。

最後まで呼んだら、正解を発表します。

さらに、出席番号が4の倍数、5の倍数と続けます。

ここで児童に問題を出しましょう。

「一度しか名前が呼ばれない人の出席番号は何番ですか?」

その児童の出席番号が、素数です。

さらに問題を出します。

「悲しいことに一度も名前を呼ばれない人の出席番号は何番ですか?」

出席番号1番の児童ですね。1は素数ではありません。

 

この授業は素数の導入でも、素数を学んだ後にも使えます。

本当に健康観察の時間を使って行うなら、1時間目に算数があるときにやらないと大変なことになりますが…。

同じ様な展開の仕方で倍数の学習もできます。それについてはこちらをご覧ください。↓

-5年生の算数, 単発授業, 思考力を鍛える問題

執筆者:


  1. […] 健康観察で素数の学習 […]

関連記事

no image

帰納的思考とはどういうことか??

数学における帰納的思考と聞くと数学的帰納法を思いつく人が多いと思います。 小学校の算数でも、数学的帰納法とまでは行きませんが、帰納的な考え方を用いる場合があります。ここでは、数学的帰納法と算数における …

no image

混み具合「単位量あたり」を指導する際のポイント

5年生の学習の中で、最も難しい単元と言っても過言ではないのが「単位量あたり」です。ここでは、「単位量あたり」の授業をする上で大切となるポイントを説明します。 問題 下の3つの部屋の中で、一番混んでいる …

no image

魅力的なパンフレットを作ろう!~グラフの応用~

問題:あなたは「究塾」という塾から、「塾生を集めるためのパンフレットに使うグラフを、作ってほしい」と頼まれました。 究塾の過去の合格者数は下の表のとおりです。 あなたなら、どのようなグラフを作りますか …

no image

四角形の内角の和 授業のポイント

四角形の内角の和の学習は、研究授業でも扱われることの多い授業です。しかし、教科書通りのやり方には大きな落とし穴があります。詳しくは下のページを参考にしてください。 算数を究める四角形の内角の和 教科書 …

no image

自分の塾をグラフでアピールしよう ~グラフの活用~

下のように、3つの塾の合格者数に関する表があります。(クラスを3グループに分け)自分の担当する塾にとって都合が良いように、グラフを作りましょう。   A塾にとって都合の良いグラフ A塾は、合 …