算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数

面積の公式は1つでいい!万能な公式を紹介します!

投稿日:2019年8月3日 更新日:

面積の公式は、「たて✕横」や「底辺✕高さ」などたくさんあります。

「1つの公式に当てはめれば全部うまく行く!という万能な公式があればいいのに!」と考えたことがある人も多くいるでしょう。

ここでは、そんな方に、その「万能な公式」について教えます!

どんな図形の面積も求めることができる「万能な公式」それは

(上底+下底)✕高さ÷2

です!

え、それって台形の面積の求め方じゃん。と思うかもしれません。そもそも正方形も平行四辺形も台形なので、この公式が使えるのは当たり前なのです。しかし、三角形も円もこの公式で面積を求めることができます!

本当に1つの公式で求められるの?

それでは、実際にたった1つの公式で面積が求められるのか考えてみましょう。

まずは三角形から

次は円です。

 

 

どちらも (上底+下底)✕高さ÷2  で求められましたね!

ここで(上底+下底)÷2 に注目してみましょう。すると新たな公式が見えてきます。

万能な面積の公式

中連線✕高さ

ここでは中点どうしを結んだ線を中点連結線(中連線)と表記しました。

(上底+下底)÷2 は中連線の長さになります。

どうして公式が成り立つの?

上で紹介した面積の公式はなぜ成り立つのでしょうか。

そこを考えるには、「面積とは何か」を考えましょう。

詳しくはこちら↓

「長方形の面積=たての長さ×横の長さ」じゃない!

今までは直線で囲まれた図形の面積について考えてきました。では、下のように線がぐにゃぐにゃの形はどうしましょう。

面積とは何かに立ち返り、マスにはめてみましょう。

もちろん、うまくはまりませんね。

ここで全てが埋まっているマスとちょっとしか埋まっていないマスを見てみます。

全て埋まっているマスは1と数えていいですね。ちょっとしか埋まっていないマスはいくつかで1と考えます。すると、

縦も横も平均の長さが出てきます。

つまり、面積は

縦の平均の長さ✕横の平均の長さ

を考えればいいのです!

-5年生の算数

執筆者:

関連記事

タクシーでいくら払う?(4年生以上)

4年生以上を対象とした「答えが複数ある問題」です。 「筋道を立てて考え説明することの大切さ」や「算数を知らないと損をする(知っていると得をする)こと」、そして「算数って楽しい!」と思ってもらえる授業に …

混み具合「単位量あたり」を指導する際のポイント

5年生の学習の中で、最も難しい単元と言っても過言ではないのが「単位量あたり」です。ここでは、「単位量あたり」の授業をする上で大切となるポイントを説明します。 問題 下の3つの部屋の中で、一番混んでいる …

正方形はいくつある??

正方形は何かを学ぶ2年生から高校生まで、幅広く行える授業です。子供の実態に応じて、または何を身につけさせたいのかに応じて、解法例を取り上げ、思考を深めてみてください。 問題 下の図の中に正方形はいくつ …

三角形の面積の公式の導き方(8種類)

三角形の面積の公式 「底辺✕高さ÷2」 を導く考え方について説明します。 学習指導要領には、面積の公式の導き方として、以下の三点が挙げられています。 ① 図形の一部を移動して,計算による求積が可能な図 …

小学校で習う8種類のグラフ

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、 数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ 数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ 資料の部分と部分( …