算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数 6年生の算数 単発授業 算数雑学

驚きの面積の求め方!ピックの定理

投稿日:2019年10月17日 更新日:

面積を求めるには様々な公式がありますね。今回は、数多ある求積法の中でも、シンプル&驚きのピックの定理について紹介します。

 

 

ピックの定理とは…

ピックの定理が使える条件は、

・すべての辺が直線である

・すべての頂点が方眼(マス)の交点にある

だけです。(方眼である必要もないです)

そして、ピックの定理とは、

「図形の辺(線)上の点÷2+図形の内部にある点−1」

で面積を求めることができる。というものです。とてもシンプルですね。

それでは、実際に面積が求められるのか確かめてみましょう。

 

 

方眼1つの面積を1としました。

 

方眼ではなく、点のみで考えると(4つの点を結んでできる正方形の面積を1とします)

見事に面積が求められますね。

条件を満たしていれば、とても変な形の図形でも面積を求めることができます。

条件という縛りはありますが、驚くほど簡単に面積を求めることができました。

 

-5年生の算数, 6年生の算数, 単発授業, 算数雑学

執筆者:

関連記事

図は「書く?」「描く?」「画く?」

国語の学習のようですが、授業中に「あれ?どっちだ?」と思ったことのある人は多いはずです。どれだと思いますか?? 一般的に、「書く」は文字、「描く」は絵 という認識でしょう。 そもそも「図」とは… 図と …

輪を切るとどうなる?パターン②(4年生以上)

短冊状の紙を用意するだけで、ほぼ準備のいらない授業です。児童の活動も多く、話し合いも活発になるため、授業参観におすすめです。保護者も結果に驚きです! 導入 本時の学習につながる簡単な問題を提示する。 …

小学校で習う8種類のグラフ

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、 数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ 数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ 資料の部分と部分( …

三角形の面積の公式の導き方(8種類)

三角形の面積の公式 「底辺✕高さ÷2」 を導く考え方について説明します。 学習指導要領には、面積の公式の導き方として、以下の三点が挙げられています。 ① 図形の一部を移動して,計算による求積が可能な図 …

比例の活用!3種類の授業&指導のポイント

6年生の比例学習の山場です。比例関係を使って、日常の問題を解決します。 この学習では、できるだけ比例関係を使って児童の身近にある問題を解決させたいですね。 あなたならどのような日常の問題を扱いますか? …