算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数 単発授業 思考力を鍛える問題

三角定規2枚を重ねないで、15度を作れ!

投稿日:2020年3月12日 更新日:

2種類の三角定規を1枚ずつ使って、15度を作ってください。

三角定規を重ねれば、下のように簡単に15度を作ることができます。

では、重ねないで15度を作る方法を考えてください!

ただし、定規で線を引いていもいいこととします。

 

それでは答えです。

上のように、三角定規を2つ合わせた形から辺を伸ばし、できた角は15度となります。

-5年生の算数, 単発授業, 思考力を鍛える問題

執筆者:

関連記事

外延量と内包量の意味や違いを知っていますか?

連続量は、外延量と内包量に分類されます。分離量と連続量についてはこちら↓↓ 分離量と連続量の意味と違いを知っていますか? 外延量 外延量とは、物体の合併がそのまま加法を意味するような量です。 長さ:3 …

no image

算数の文章題は、7つのポイントで楽勝!

先に言ってしまうと、文章題を解くための7つのポイントは、 文章の量は、ヒントの量だ! 問題にツッコミをいれろ! 問題を先読みしろ! 聞かれていることを把握しろ! とりあえず絵を描け! 問題を作っている …

三角形の内角の和を帰納的&演繹的に求める方法

三角形の内角の和が180°であることを導くには多くの場合、帰納的に考えます。ここではその帰納的な考え方とともに、三角形の内角の和を演繹的に考える方法も解説します。 帰納的①:角度をはかる 三角形の3つ …

時計の学習のアクセントに!アナログ時計とデジタル時計のメリット&デメリット

算数で多くの児童を悩ませる学習の一つが時計です。「時刻はよめても時間がわからない」という児童も多く、最後には「生活経験が足らないから仕方ないね。」「大人になったら読めるようになるから。」と諦めてしまう …

no image

腹囲がどのくらい減れば、痩せて見えるのか

ダイエットをするときに、やはり気になるのが、人の目ですね。 一番気になるお腹周り(腹囲)が、どのくらい減れば、外見が痩せて見えるのかを数学的に考えてみましょう。 見た目はすぐに変わらない まずは、人の …