算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数 単発授業

腹囲がどのくらい減れば、痩せて見えるのか

投稿日:2020年3月18日 更新日:

ダイエットをするときに、やはり気になるのが、人の目ですね。

一番気になるお腹周り(腹囲)が、どのくらい減れば、外見が痩せて見えるのかを数学的に考えてみましょう。

見た目はすぐに変わらない

まずは、人の体を真上から見た形を円とすると、腹囲が94.2cmの人のお腹は、直径30cmです。

この人が、ダイエットをがんばって、腹囲が2.2cm減って92cmになったとしましょう。

すると、直径は29.3cmになったことになります。

この変化を、他人から見ると、

横幅全体で、わずか7mm、片側でみると、わずか3.5mmしか減っていないのです。

腹囲を2.2cm減らすのはかなり大変なことです。しかし、他人からすると、まず気が付かないでしょう。

では、片側を1cm減らすためには、腹囲をどのくらい減らす必要があるのでしょうか。

お腹を1cmへこませるためには…。

お腹の両側が1cm減るということは、直径30cmが28cmになるということです。

この直径28cmに円周率をかければ、腹囲がでるので、

上のように、腹囲を87.9cmにする必要があるのです。

つまり、94.2cmと比べると、6.3cmも腹囲を減らさなければならないのです。

初めの腹囲は関係ない

上で考えた腹囲を一般化してみましょう。

ダイエット前のお腹の直径を a +2cmとすると、腹囲は 3.14a + 6.24 cmになります。

このお腹が左右1cmずつ減ったとすると、直径は a cmになるので、腹囲は、3.14a cmになります。

つまり、最初と比べると、6.28cm減ったことになりますね。

このように、円の直径を1cmのばすと円周は、円周率分、つまりは3.14cm長くなります。

直径を2cmのばすと、円周は6.28cm長くなります。

 

直径をxcmのばすと、 円周は3.14xcm長くなるのです。

-5年生の算数, 単発授業

執筆者:

関連記事

比例学習のスパイラル(各学年で教えるべきこと)

算数の山の1つである「比例」の学習は4年生から始まります。どのような系統的学習を経て児童は比例を学ぶのでしょうか。     4年:変わり方 4年生では、「ともなって変わる2つの量の変わり方を調べる」と …

分割分数と量分数の意味と違いを知っていますか?

分数には「分割分数」と「量分数」があります。この2つの分数を使い分けないと、とんでもない誤解に繋がります。 分割分数 まず、小学1年生では「はんぶん」という言葉について学び、これが分数の入り口となりま …

多くの教師が失敗する角柱の体積の求め方

角柱の体積の求め方を考える授業では、絶対に授業者が忘れてはならない大前提の考えがあります。それは、 角柱の体積は、底面積×高さ で求められるかどうかは、まだわからない ということです。 角柱の体積の求 …

驚きの面積の求め方!ピックの定理

面積を求めるには様々な公式がありますね。今回は、数多ある求積法の中でも、シンプル&驚きのピックの定理について紹介します。     ピックの定理とは… ピックの定理が使える条件は、 ・すべての辺が直線で …

正多角形の面積から円の面積の公式へ

正五角形の面積を求めてみましょう。 抽象的になりますが、一般化を図るために言葉の式で考えます。 次に、正六角形の面積を考えます。 どちらの面積も、 「周りの長さ✕高さ÷2」 で求められるようです。   …