算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数

四角形の内角の和 教科書の過ち

投稿日:2020年3月15日 更新日:

四角形の内角の和の学習では、児童が初めて 演繹的な考え方 に出会います。しかし、一般的な(教科書に載っている)展開は、児童の自然な思考の流れに反しています。

一般的な四角形の内角の和の授業は、

①三角形の内角の和を帰納的に求める

②四角形の内角の和を帰納的に求める

③四角形の内角の和を演繹的に求める

という流れになっています。どこがよくないのか分かりますか?

「演繹的に考える」とは?

そもそも、どうして、四角形の内角の和を「演繹的に考える」のでしょうか。

「演繹的に考える」とは、簡単に言えば、「分かっていることを使って分かることをみつける」ということです。

この単元では、「三角形の内角の和は180度である」ことを使って、「四角形の内角の和は360度である」ことを見つけるのです。

(詳しくはこちら)

「帰納的に考える」のはダメなの?

四角形の内角の和は、三角形の内角の和をもとに考えます。(演繹的な考え方)

それでは、『四角形の内角の和も三角形と同じように、「帰納的に考え」ればいいじゃないか!』と児童が考えるのは当然のことです。

教科書の流れでは、四角形の内角の和も「帰納的に考え」させます。ここで授業者が困るのです。

 

致命的な問題点

四角形の内角の和を「帰納的に」360度であると求めた後、どのように授業を展開しますか?教科書では、

すべての四角形について、360度であると調べたわけではない(帰納的)から、どんな四角形についても360度であることを調べる方法(演繹的)はないかな」と考えることになります。

ここで、児童は疑問に思います。

「三角形の内角の和は、そうやって(帰納的に)求めたじゃん!」

「すべての三角形について、180度であると調べたわけではないから、180度じゃない三角形もあるのか!?」

 

この後、

『四角形の内角の和は、四角形を三角形2つに分けて、180度×2で360度です』

と考えたところで、

「三角形の内角の和は、180度であるか、すべての三角形について調べたわけではないから、わからない!」

となってしまうのです。

「演繹的に考える」際に、最も大切な、分かっていることを、教師自身が否定をしたまま、否定を他ことにも気づかずに進めてしまっているのです。

解決策

この問題を解決するために、解決策は1つしかありません。それは、

三角形の内角の和を演繹的に求める ということです。下のページでは、三角形の内角の和を演繹的に求める授業について紹介しています。

つまり、授業の流し方として、

①三角形の内角の和を帰納的に求める

②四角形の内角の和を帰納的に求める

③三角形の内角の和を演繹的に求める

④四角形の内角の和を演繹的に求める

もしくは、

①三角形の内角の和を帰納的に求める

②三角形の内角の和を演繹的に求める

③四角形の内角の和を演繹的に求める

という展開の仕方をするべきでしょう。

具体的な授業の展開の仕方については、下のページで紹介します。

(作成奮闘中)

-5年生の算数

執筆者:


  1. […] 算数を究める2020.03.15四角形の内角の和 教科書の過ちhttps://mathematicalpapyrus… […]

関連記事

no image

混み具合「単位量あたり」を指導する際のポイント

5年生の学習の中で、最も難しい単元と言っても過言ではないのが「単位量あたり」です。ここでは、「単位量あたり」の授業をする上で大切となるポイントを説明します。 問題 下の3つの部屋の中で、一番混んでいる …

no image

帰納的思考とはどういうことか??

数学における帰納的思考と聞くと数学的帰納法を思いつく人が多いと思います。 小学校の算数でも、数学的帰納法とまでは行きませんが、帰納的な考え方を用いる場合があります。ここでは、数学的帰納法と算数における …

世界のわり算の筆算4種類!メリット&デメリット

世界中には様々なわり算の筆算のやり方があります。世界中のわり算の筆算を知ることで、日本のわり算の筆算のメリット・デメリットが見えてきます。最初にメキシコから見ていきましょう。 メキシコのわり算 メキシ …

三角形の面積の公式の導き方(8種類)

三角形の面積の公式 「底辺✕高さ÷2」 を導く考え方について説明します。 学習指導要領には、面積の公式の導き方として、以下の三点が挙げられています。 ① 図形の一部を移動して,計算による求積が可能な図 …

no image

小学校で習う8種類のグラフ

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、 数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ 数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ 資料の部分と部分( …