算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

6年生の算数 単発授業

直方体を何回切れば展開図になる???

投稿日:2019年10月8日 更新日:

直方体があります。

この直方体には12本の辺がありますが、展開図にするためには、いくつの辺を切ればいいでしょうか??

解法① くっつく辺の数を考える

直方体の展開図を考えます。

直方体の展開図の周りの辺は、全部で14本あります。この辺が2つずつくっついて直方体の1つの辺になります。

下の展開図の同色のところがくっつきます。

14本ある辺が2本ずつくっつくので、直方体は、

14÷2=7 で、7本の辺がくっついたものであることがわかります。

つまり、直方体の12本の辺のうち、7本の辺を切れば展開図になります。

解法② 不要な辺を除く

直方体の展開図には19本の辺があります。

直方体には12本の辺があります。

展開図の19本ある辺のうち7本は不要なのです。

つまり、この7本を切ればいいのです。

解法③ 折られる辺を考える

直方体には12本の辺があります。その内、展開図で考えると、上の5本は切られることなく、折られる辺です。つまり、12本中5本は切らないので、

12-5=7

で7本切ることがわかります。

解法④ 一般化する

直方体(四角柱)ではなく、簡易化し、三角柱で考えてみましょう。

この三角柱を展開図にするために、3本の辺からなる底面について考えます。

底面の3本の辺を全て切ると、展開図はバラバラになってしまいます。(上面も同様)

つまり、1つの辺を残さないといけません。

次に、側面を考えると、側面の3本ある辺のうち、1本を切ると、開きます。つまり、側面は1回切ればいいのです。

よって、三角柱を展開図にするためには、

(3-1)×2+1=5 で、5本切ればいいことがわかります。

これを、n角柱で考えます。まず、上面と底面はそれぞれ1本の辺を残すので、(n-1)本の辺を切ります。

側面はn角柱でも、1本切れば開きます。

つまり、n角柱を展開図にするためには、

(n-1)×2+1 本の辺を切る

という一般化が図れました。

直方体は四角柱ですので、nに4を代入し、

(4-1)×2+1=7

7本の辺を切ればいいことがわかります。

-6年生の算数, 単発授業

執筆者:

関連記事

正方形はいくつある??

正方形は何かを学ぶ2年生から高校生まで、幅広く行える授業です。子供の実態に応じて、または何を身につけさせたいのかに応じて、解法例を取り上げ、思考を深めてみてください。 問題 下の図の中に正方形はいくつ …

no image

対称の中心を使わずに点対称な図形をかく

線対称の線対称は点対称! 線対称と点対称の授業では、それぞれの特徴について考え、それぞれの図形の書き方を学びますが、線対象と点対称の関係までは考えません。むしろ、全くの別物として扱うこともあるようです …

no image

比例の活用!3種類の授業&指導のポイント

6年生の比例学習の山場です。比例関係を使って、日常の問題を解決します。 この学習では、できるだけ比例関係を使って児童の身近にある問題を解決させたいですね。 あなたならどのような日常の問題を扱いますか? …

九九が織りなす美しい形

正十角形の頂点に0から9までの数字を順に記します。 九九の答えの一の位の数字を、順番に線で結ぶと美しい形が出てきます。     6の段は反時計回りの4の段と同じになります。同じように7の段と3の段、8 …

タクシーでいくら払う?(4年生以上)

4年生以上を対象とした「答えが複数ある問題」です。 「筋道を立てて考え説明することの大切さ」や「算数を知らないと損をする(知っていると得をする)こと」、そして「算数って楽しい!」と思ってもらえる授業に …