算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

6年生の算数 算数の基礎

「相似な図形」はこれでカンペキ!相似な図形のかき方8種類!

投稿日:2019年11月8日 更新日:

小学校における平面図形の最後を飾るのは「相似な図形」です。「相似な図形」のかき方、全8種類について紹介します!

今回は、2倍の拡大図のかき方について説明します。

マスに注目してかく!

はじめに行う相似な図形のかき方は、マスを使ったかき方です。

マスが2倍になれば、大きさも2倍

2倍の拡大図をかくためには、土台となるマスの大きさも2倍にすればいいのです。

マスの大きさを2倍にしたので、数えるマスの数は変えません。

マスの数を2倍にすれば、大きさも2倍

次は、マスの大きさを変えずに、数えるマスの数を2倍にします。

上のように、辺が6マスならば、2倍の大きさになるので12マスで考えます。

合同な図形の決定条件でかく!

合同な図形の決定条件は、

・3つの辺の長さが等しい

・2つの辺の長さとその間の角の大きさが等しい

・1つの辺の長さとその両端の角の大きさが等しい

でしたね。相似の図形についても、合同な図形の決定条件を使ってかくことができます。

相似な図形は、何倍になっても、角の大きさは変わりません。

2倍の拡大図をかきたいなら、辺の長さは2倍になります。

角の大きさは変えず、辺の長さを2倍にして、合同な図形の決定条件を使えば、2倍の拡大図をかくことができます。

3つの辺の長さが等しい

2つの辺の長さが等しく、その間の角の大きさが等しい

1つの辺の長さが等しく、その両端の角の大きさが等しい

一点透視図法でかく!

一番簡単な2倍の拡大図のかき方は、「一点透視図法」を使うことです。

様々なかき方がありますが、どのかき方も、点から頂点に向かって直線を引くということです。

点が頂点にある場合

点が頂点にある場合には、その他の2つの頂点に向かって直線を引きます。

そして、辺の長さが2倍になるところに印をつけ、直線でつなぎます。(コンパスを使います。)

点が三角形の内部にある場合

点が三角形の内部にある場合は、3つの頂点に向かって直線を引きます。

そして、点から頂点までの長さが2倍になるところに印をつけ、直線でつなぎます。

小学校では、ここまで学習します。

点が外部にある場合(中学数学)

中学校では、点が外部にある場合の相似のかき方を学習します。小学校での学習とほとんどかわりません。

上のように、点から頂点に向かって直線を引きます。そして、点から頂点までの長さが2倍になるところに印をつけ、直線でつなぎます。

-6年生の算数, 算数の基礎

執筆者:

関連記事

算数の授業における『見通し』のもたせ方

「見通し」という言葉は、平成29年告示の学習指導要領解説算数編では、95回出てきます。 旧指導要領時には、22回しか出ていません。算数の授業において、「見通し」を重視しなくてはならないことが、よくわか …

わり算の性質を理解させる方法

わり算の性質が理解できれば、楽に計算できたり、計算ミスも減ります。どのように児童に、わり算の性質を理解させるのか解説します。

帰納的思考とはどういうことか??

数学における帰納的思考と聞くと数学的帰納法を思いつく人が多いと思います。 小学校の算数でも、数学的帰納法とまでは行きませんが、帰納的な考え方を用いる場合があります。ここでは、数学的帰納法と算数における …

長方形を正方形に分ける ~公約数&フィボナッチ数列への発展~

長方形を正方形でわけるだけで、 4年生では、正方形の学習の発展として、5年生では、最大公約数の発展として、またはフィボナッチ数列というおもしろさとして扱うことのできる教材です。 できるだけ大きな正方形 …

小1担任ならフォントに気をつかうべし!

小学校1年生では、これからの学習の基礎となる基本的なことを学習します。 その中でも、最も基礎となる学習が「文字」の学習です。 特に、「数字」は、フォントによって形が大きく異なります。 下の数字を見てく …