算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

6年生の算数

対称の中心を使わずに点対称な図形をかく

投稿日:2021年3月5日 更新日:

線対称の線対称は点対称!

線対称と点対称の授業では、それぞれの特徴について考え、それぞれの図形の書き方を学びますが、線対象と点対称の関係までは考えません。むしろ、全くの別物として扱うこともあるようです。

しかし、線対称と点対称には密接な関係があります。

それは、点対称な図形を描くには、線対称な図形の描き方を2回繰り返せばいいということです。

言葉で説明してもわかりにくいので、早速、描いてみましょう。

下のような図形の点対称な図形を描いてみましょう。

これは、もちろん下のようになりますね。

では、これを、対称の中心を使わずに描いてみましょう。

まず、対称の軸をもとに、線対称な図形を描く要領で進めていきます。

これでは、線対称な図形であり、点対称な図形ではありません。次に、先ほどの対称の軸と垂直に交わる直線を第2の対象の軸とし、再度、線対称な図形の要領で描いていきます。

線が重なって見にくいですが、下のようになります。

これで、点対称な図形を描くことができました。

このように、線対称な図形の描き方を2回使うと、点対称な図形を描くことができるのです。

また、2本の対称の軸の交点が、対称の中心となることも注目したいポイントです。

どうして そうなるの?

少し数学的に証明してみましょう。

ある点を(-a,-b)とします。この点の対称の中心をもとにした、対応する点は(a,b)です。

また、この…(-a,-b)の対称の軸をもとにした、対応する点は(a,-b)です。

この(a,-b)を2本目の対象の軸(先ほどの対象の軸と垂直に交わる直線)をもとに、対応する点は(a,b)となります。

これは、対称の中心をもとにした、対応する点(a,b)と一致しますね。

 

このように、線対称と点対称を全くの別物として扱うのではなく、関係性を捉えさせることで、図形への見方を深めることができます。

-6年生の算数

執筆者:

関連記事

no image

線対称で点対称な図形をかく

教科書では、正多角形について、線対称か点対称かを考え、角(辺)の数が偶数であるならば、線対称かつ点対称であることを学びます。 線対称かつ点対称である図形は正偶数角形だけではありません。 スクラッチを使 …

外延量と内包量の意味や違いを知っていますか?

連続量は、外延量と内包量に分類されます。分離量と連続量についてはこちら↓↓ 分離量と連続量の意味と違いを知っていますか? 外延量 外延量とは、物体の合併がそのまま加法を意味するような量です。 長さ:3 …

輪飾りを作るのに必要な折り紙は何枚?

卒業式や入学式、お誕生日会など、小学校では様々なイベントに向けて輪飾りを作りますね。 その輪飾りを作るのに、折り紙を何枚使うのかを算数的に求めてみたいと思います。 5年生以上の授業でも扱うことができま …

直方体を何回切れば展開図になる???

直方体があります。 この直方体には12本の辺がありますが、展開図にするためには、いくつの辺を切ればいいでしょうか?? 解法① くっつく辺の数を考える 直方体の展開図を考えます。 直方体の展開図の周りの …

分数のわり算 ~7種類の解法~

「分数のわり算は、わる数の分母と分子を逆にして(逆数を)かければよい」という考えだけが取り上げられますが、他のやり方でも、答えを導くことができます。 このページでは、 という問題から、 を解くことを考 …