算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

6年生の算数

対称の中心を使わずに点対称な図形をかく

投稿日:2021年3月5日 更新日:

線対称の線対称は点対称!

線対称と点対称の授業では、それぞれの特徴について考え、それぞれの図形の書き方を学びますが、線対象と点対称の関係までは考えません。むしろ、全くの別物として扱うこともあるようです。

しかし、線対称と点対称には密接な関係があります。

それは、点対称な図形を描くには、線対称な図形の描き方を2回繰り返せばいいということです。

言葉で説明してもわかりにくいので、早速、描いてみましょう。

下のような図形の点対称な図形を描いてみましょう。

これは、もちろん下のようになりますね。

では、これを、対称の中心を使わずに描いてみましょう。

まず、対称の軸をもとに、線対称な図形を描く要領で進めていきます。

これでは、線対称な図形であり、点対称な図形ではありません。次に、先ほどの対称の軸と垂直に交わる直線を第2の対象の軸とし、再度、線対称な図形の要領で描いていきます。

線が重なって見にくいですが、下のようになります。

これで、点対称な図形を描くことができました。

このように、線対称な図形の描き方を2回使うと、点対称な図形を描くことができるのです。

また、2本の対称の軸の交点が、対称の中心となることも注目したいポイントです。

どうして そうなるの?

少し数学的に証明してみましょう。

ある点を(-a,-b)とします。この点の対称の中心をもとにした、対応する点は(a,b)です。

また、この…(-a,-b)の対称の軸をもとにした、対応する点は(a,-b)です。

この(a,-b)を2本目の対象の軸(先ほどの対象の軸と垂直に交わる直線)をもとに、対応する点は(a,b)となります。

これは、対称の中心をもとにした、対応する点(a,b)と一致しますね。

 

このように、線対称と点対称を全くの別物として扱うのではなく、関係性を捉えさせることで、図形への見方を深めることができます。

-6年生の算数

執筆者:

関連記事

正多角形の面積から円の面積の公式へ

正五角形の面積を求めてみましょう。 抽象的になりますが、一般化を図るために言葉の式で考えます。 次に、正六角形の面積を考えます。 どちらの面積も、 「周りの長さ✕高さ÷2」 で求められるようです。   …

no image

分数のわり算 ~7種類の解法~

「分数のわり算は、わる数の分母と分子を逆にして(逆数を)かければよい」という考えだけが取り上げられますが、他のやり方でも、答えを導くことができます。 このページでは、 という問題から、 を解くことを考 …

タクシーでいくら払う?(4年生以上)

4年生以上を対象とした「答えが複数ある問題」です。 「筋道を立てて考え説明することの大切さ」や「算数を知らないと損をする(知っていると得をする)こと」、そして「算数って楽しい!」と思ってもらえる授業に …

no image

小1~小6対応 思考力を鍛える問題:形の仲間分け

どの学年でも行うことのできる図形に関する授業です。隙間時間でも行えます。 問題 下の12個の図形を仲間に分けましょう。 上の図形はすべて私がwordで作成したものです。元の画像には色がついています。 …

no image

カレンダーの数字のヒミツ

カレンダーの数字には、様々なヒミツが隠れています。ヒミツの証明まで考えなければ、3年生以上の学年で扱うことができる教材です。 あなたは、いくつのヒミツを見つけることができますか?このページでは9種類の …