算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

算数の基礎 算数雑学

算数に欠かせない『理想化』とは!?

投稿日:2020年4月28日 更新日:

算数の授業をしたことがあっても、『理想化』という言葉を知っている教員は、そう多くはないのではないでしょうか。

しかし、算数の授業は、この『理想化』なしにはなりたちません。このページでは算数における『理想化』とは、どういうことなのかを説明します。

大辞林では、

国語辞典の代表格、大辞林では、『理想化』について下のように載っています。

物事自分理想とする姿や状態にひきつけて、見た考えたりすること。 

算数では、学習するための不要なものを取り除いて、物事を理想的なものにして考えます。

それでは、算数の授業で、どのような『理想化』が行われているのか、例をあげてみていきます。

サッカーボールは球?

1年生の立体図形の学習では、身近にあるものを、その形に注目して仲間わけをします。

例えば、下の4つの形を仲間に分ける学習では、

転がる形と転がらない形で分けます。

そしてさらに、下のように3つの仲間に分けていきます。

たしかに、サッカーボールは「ボールのような形」です。

しかし、「サッカーボールは球(きゅう)か?」と問われれば迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

サッカーボールは五角形と六角形から作られます。ですから、角があるんですね。

しかし、算数の学習では、表面が滑らかであると理想的に考えて、球として扱うのです。

蛇足:正多面体は転がるのか?

1年生の学習では、サッカーボールや野球のボールは「転がる形」として扱います。一般的にも、「ボールだから転がるだろ。」と考えますよね。

では、下の正二十面体は、転がりますか?

では、正十二面体は?正四面体は?

正四面体は転がりそうにはないですよね。こう考えると、「転がる」という定義は何なんでしょうかね。そこまで深く考えないことも、理想化の1つなのかもしれません。

マシンのような正確さ

「1dLで2㎡ぬれるペンキがあります。このペンキ5dLでは、何㎡塗れますか?」

答えは、もちろん10㎡です。

が、1dLで2㎡ぬれるからといって、同じように、均一に、10㎡も塗れるかと言ったら、現実には難しいですよね。

授業中に「先生、全く同じように塗れるこの人はペンキ塗りのプロですか?」なんて言ったら確実に怒られます。

しかし、そのように考えないと問題として成り立たなくなりますね。

実際にやってみると違うかもしれないけれど、都合がいいように理想化して考えているんですね。

常に同じ速さで走る少年

5年生の速さの学習に、

「男の子が時速15kmの速さで、家から30km離れた親戚の家まで行くと、何時間かかるでしょう」

という問題があったとします。

この男の子は、常に時速15kmで走ります。ひと漕ぎ目から、時速15kmに加速し、止まるときは一瞬で止まるのです。

途中、信号に引っかかることもありません。カーブも上り坂も常に時速15kmで走ります。

時速15kmというのは、この男の子の平均的な速さを表しているのです。

もちろん授業では、「男の子の平均的な速さは時速15kmでした。」ということは暗黙の了解となっており、言及はしません。

途中、信号機もなく、まっすぐな道ですよ。速さは時速15km(平均)としますよ。という理想で考えているわけですね。

もし、理想化がなければ…。

もし、理想化をしなかったとしたら、

「男の子は、0.90 m/s2で加速しながら家をスタートし、途中5回の信号機にそれぞれ1分ずつ止まり、R100のカーブを…」

と、とんでもない問題になってしまいます。

 

このように、算数の学習では、知らず知らずのうちに『理想化』が行われているのです。授業中に、この『理想化』を指摘する児童もいるかもしれません。

「先生、表面張力があるから、もう少し水が入ります。」

「弟を追いかける自転車のお兄さんは、近づいたらお~いって呼ぶよね。」

などなど…。

こういった子を「馬鹿なこと言ってないの!」と一蹴するのではなく、その発言をどう授業に生かすのかが、腕の見せ所なのだと思います。

 

-算数の基礎, 算数雑学

執筆者:


関連記事

no image

「数学的な見方・考え方」をどこよりも詳しく解説します!

「数学的な味方・考え方」について、どこよりも噛み砕いて、わかりやすく解説します! ずばり!「数学的な見方・考え方」とは、 身の回りにある出来事や日常で起きる出来事などを、数や量、形などの視点で見つめて …

no image

割り切れる数を探そう!

割り切れる数の見つけ方を知ることで、わり算や約分が格段に楽になります!知っていないと損する割り切れる数の見つけ方を紹介します。

no image

混み具合「単位量あたり」を指導する際のポイント

5年生の学習の中で、最も難しい単元と言っても過言ではないのが「単位量あたり」です。ここでは、「単位量あたり」の授業をする上で大切となるポイントを説明します。 問題 下の3つの部屋の中で、一番混んでいる …

no image

家庭でできる『数の分解』の定着

小学1年生の算数の第一の壁『くりあがりのたし算』をクリアするためには、 ①10まであといくつ ②数を2つに分ける という2つの力が不可欠になります。 このページでは、数を2つに分ける(数の分解)を家庭 …

かけ算の順序問題

1皿に5個ずつみかんがのっています。4皿分では、みかんは何個でしょう。 この問題の式を 「 4✕5 」と書き、テストでバツをもらった!日本の教育はおかしい! というようなかけ算の順序問題を聞いたことが …